スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ちょっとだけ逞しくなったかもしれないぽちお

ぽちお


ヒゲコノハカメレオンのぽちおは、また少し食べるパターンに戻り始めました
あいかわらず体調的には不安なぽちおですが、今年の2月ごろからなんとな~く(私の考え過ぎかもしれませんが)、感じが変わってきたように思えます。

同じヒゲコノハカメレオンのくまこがかなり早い段階で「ここんちは怖くない」と判断したのに対し、以前のぽちおは私を怖がって逃げ隠れしてばかりいました。それが2月頃から徐々に逃げようとしなくなり、なんとなく落ち着きが出てきました。たぶんゆっくり私が怖くない存在だと理解できるようになっていったのだと思います。
この頃というと、久しぶりに新入りのヒゲコノハカメレオン・おじさんと実夏を迎えて2~3週間経ったころです。個体差は大きいものの、飼育下でよく慣れたカメレオンがいると、新入りの慣れ方が比較的早くなるという現象があります。ぽちおはそれまで「怖い怖い」一辺倒でしたが、もしかするとくまこの影響で新入りさんたちが早々に慣れてくるにしたがって、自分も一緒に慣れていったのかもしれません(笑)

ぽちお 「な~んだ、そうだったのかぁ~。お手伝いさんって、怖い生き物じゃなかったよ~。」


どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

 合図が分かるようになったエレン

エレン


我が家のコノハカメレオンのみなさんは、晴れた週末のお昼は日光浴をしながらランチをいただきます(笑)
ベッドの上の陽だまりにレイアウトごと移動させての日光浴中、様子を見ながらイエコの世話もするので、ついでに各自の食器にご飯を入れて、お一人様ずつ恭しく献上していきます。

目ざとくごはんに気付いてサッと召し上がるのがヒゲコノハカメレオンのくまこと婿殿、周囲を警戒するのに気を取られて、たいてい少ししてから気付いていただくのが実夏、ぽちおは食べません(苦笑)
ウサンバラコノハカメレオンのエルフィンは日光浴休止中。
エレンの場合、食器を突き出されると「むむむ?」という感じで私の方をチラチラ見るので、そのエレンの視線を利用して、いかにも意味ありげに、力強くしっかり食器の中のごはんに私の目線を移動させることを繰り返すうち、私の視線の移動につられてエレンも食器の中のごはんに目線を移動させて、「おっ」という感じで気付いて食べるパターンが多くなりました。

過去のカメレオンの飼育経験でも、ご飯への視線の誘導が理解できるようになった子が何頭かいました。
こういう子は部屋に出しているときに、簡単なケースであれば目線で行きたい場所へのルートを教えてあげることもできます。

まあ「だから何?」と言われると、特に重要なことでも必要なことでもないわけですが、カメレオンとの間に軽い意志の疎通ができたという意味で、お手伝いさんとしてはとても満足するのでした(笑)

どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

 カメレオンは意志の伝達ができる‥に違いない

くまこ談


ぽちおやくまこが我が家に来た当初は、日光浴のときや邸内から部屋の中の様子を見るとき、リサに対して1ヶ月以上は警戒している様子でした。ヒゲコノハカメレオンから見れば、リサは巨大な肉食獣ですから、当然ですね。

実夏はもともと警戒心の強い性格のようで、今でも目立たない場所に潜むのを好むので除外しますが、故・おじさんと婿殿とエレンとエルフィンはわずか数日でリサを警戒しなくなりました。この違いは何故でしょうか?
私はその数日の間に何回か、新入りさんをそれぞれ我が家の先住者たちにお目通りさせました。その方が新人さんが早く馴れるからです。ただ、いくら警戒していない先住者がいても、カメレオン同士の情報の伝達が無ければリサが危険ではないことはすぐには分かりにくいと思います。やはりカメレオンは意志の伝達ができるからではないでしょうか?そうでなければ、ぽちおやくまこ同様、エレンとエルフィンも当分はリサを警戒するのではないかと思います。
カメレオンはなかなか奥の深い生き物だと思います。


どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

カメレオンの知能-記憶力と意志の伝達-


まず、過去に経験した事実をそのまま書きます。

うちで初めて日中いつもお部屋飼いにしたのは、ワイルドコートのパンサーカメレオンのタマタブとマロアンツェトラのオスでした。
タマタブのほうが勇気があり、マロアンは少し気が弱いところがありました。当時、私は自宅で仕事をしていたので、彼らを観察する時間は十分ありました。

まずタマタブの蘭丸が1頭で隣に部屋に歩いていき、その部屋を1日かけて実に丁寧に歩き回りました。その翌日、今度はマロアンのパックンが蘭丸とまったく同じルートを通って1日かけてその部屋を歩き回りました。隣の部屋は蘭丸とパックンのケージのある部屋からはまったく見えません。

さらに翌日、一番奥の部屋を蘭丸が1日かけて丁寧に歩き回り、その翌日、パックンがまた蘭丸とまったく同じルートを歩きました。


この事実から、どんなことが推測できるでしょうか?
カメレオンは自分のテリトリーを歩いて通ることで確認します。

まず、パックンが偶然同じルートを辿っていたのだとしたら、途中で違う場所へ行ったり、室内を回る順番を変えることはいくらでも可能な状況でした。それなのに、パックンはすべて蘭丸と寸分たがわぬルートを辿りました。彼らにとって蘭丸の通ったルートは、蘭丸が生きて無事に帰れた、とりあえず安全なルートだということを示していたと思います。だから怖がりなパックンはわざとまったく同じルートを辿ったとは考えられないでしょうか?

また、上記の事実の中には非常に驚くべき点が2つあります。

1つは、蘭丸が通ったルートをパックンはまったく見ることができなかったのに、2部屋とも完全に蘭丸と同じルートを辿ったということです。室内を回るルートの選択肢はいくらでもあったので、蘭丸がかなり複雑なことをパックンに伝えることができなければ、パックンがまったく同じ順番でそのルートを辿ることはできないと思うのです。

また、蘭丸が1日かけて回ったそのルートをしっかり記憶していなければ、パックンに伝えることはできなかったろうと思うのです。

私は実際に目の当たりにした事実から、カメレオンの記憶力と意志の伝達について推測しましたが、この事実の部分を読んでくださった方はどう感じられたでしょうか?


どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

カメレオンの知能・カメレオンが早足で歩くとき

歩く1


はい、それは何かお急ぎになっているときです。
あたりまえ過ぎですね

歩く2


何処に行きたいかを決めてから歩き始める場合も、目的地が決まっているので早足になることが多いです。その場合、観察していると歩き始める前に目が意志を持ったしっかりした動き方をします。「あそこに行きたい。」「それにはここを通ってああ行ってこう行って‥」と考えています。
そして歩き始めると、既に頭の中で決まったルートを行くので迷いが無く、早足になるのです。

歩く3


ただし、予期しなかった障害物にぶつかると(ツルツルで摑まれない、上れないなど)、相当しつこく障害を乗り越えようとチャレンジします。それでもこのルートはダメだとやっと分かると、予定が狂っておろおろする個体、固まる個体、迂回する個体など、反応に個体差が表れて面白いです。次回、同じ場所で再チャレンジしてみる個体も多く、カメレオンはこういうとき、けっこうしつこいです(笑)
また、事前にルートを決めていても、初めて行く場所の場合は慎重に進む場合が多いです。


クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。