スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ハリーポッターと死の秘宝 パート1のネタバレありの私的感想


最初の映画「ハリーポッターと賢者の石」は主演のダニエル・ラドクリフのかわいらしさと魔法の世界の生き生きとした描写がとても素敵な作品で、大好きでした。
ただしダニエル・ラドクリフがかわいらしいのは今だけで、成長したらどちらかというと不細工になるのではないかとなんとなく感じたのは私だけではないと思います。そして予想どおり回を重ねるにつれ、どんどんかわいらしさが失われていくハリーポッター、つまらなくなっていくストーリー(笑)

今回、映画を見始めて最初に思ったのは、「わっ、ハリーポッターがずいぶん変な顔になったな~」ということでした(^^;
このシリーズのストーリーはもともとたいしたことはないので感想を記すほどでもありませんが、前回の「ハリーポッターと謎のプリンス」から引き続き、この死の秘宝もハリーとロンとハーマイオニーがとにかく逃げること、逃げること‥(笑)

そして相変わらずロンは思慮が足りない。きっと身体は育っても、頭の方はあまり育っていないんですね(笑)

毎回ぬるいストーリーでいかにも子供向きという感じなのですが、回を重ねるごとにどんどん暗い話になっていくハリーポッターのシリーズ。見終わるとこちらもけっこう暗い気分になります(^-^;
しかし今回はなぜかロンの心の中にある疑惑がウォルデモードに見抜かれて視覚化されるシーンで、いきなり子供に安心して見せられないシーンが(笑)
影絵のようなアニメーションが登場して、いかにもお子ちゃま向けだとげんなりしていると、必要とは思えないそんな唐突な描写があって、「え~と、制作側が考えたこの映画の対象年齢は?」と思ってしまったり。

これだけのめりこめない要素満載でありながら、フクロウのヘドウィグが殺されるシーン、そして屋敷しもべ妖精だったのをハリーに解放されて自由な妖精になったドビーが死ぬシーンはグッときました、テヘ。
ドビーについては、「こんなに大活躍できるのだったら、もっと前(の映画)から華々しくハリーを助ければよかったのに」という感じもしましたが(笑)

原作本は読んでいませんが、ハリーは選ばれし者ではありますが、日本のアニメの主人公のようにロボットが操縦できちゃったり、とてつもなく強くなるわけでもありません。むしろウォルデモードの増大していく強さに対してあまりにも弱い。ウォルデモードの勢力に対して、不死鳥の騎士団も非常に劣勢です。まあスネイプ先生はどう見ても悪者ではないと思うのですが、それにしてもパート2がマトリックスのラスト(ネオ対エージェントスミスの結末)みたいな感じではないといいなぁと思います。


どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : ペット

 エクスペンダブルズの私的感想

メインキャストがシルベスター・スタローン、アーノルド・シュワルツェネッガー、ブルース・ウィルス、ジェット・リー、ミッキー・ローク、ドルフ・ラングレンと、大物アクション映画スターが集結していることを売りにしているような感のある作品ですが、私的にはですね~、単なるじーさん軍団でしかないですね
それでもこのメンバーならストーリーに期待できるかと思って観たのですが、大外れでした。
前に観た「ナイトアンドデイ」もそうでしたが、最近のアクション系の映画はアクションだけを単純に楽しむのが正解かもしれません(笑)

ストーリーは、ある日、謎の男チャーチ(ブルース・ウィルス)から南アメリカの小さな島の軍事独裁政権の打倒を依頼されるバーニー(シルベスター・スタローン)とトレンチ(アーノルド・シュワルツェネッガー)。トレンチはすぐに引き受けるのは無謀だと気づき断るが、バーニーはまったく気づかずに引き受ける。偵察に行ったり、いろいろ調べてみると、軍人たちの数はバーニーのチーム・エクスペンタブルズ(消耗品軍団)とは比較にならないほど多く、チャーチはCIA、そして軍事独裁政権の後ろには元CIAの麻薬売買人がいることが分かる。チームのメンバーに反対され、依頼を断るバーニー。しかし島で会った美しい独裁政権打倒を目指す娘が忘れられずに島に向かおうとするバーニーに、一人では無理だと結局仲間たちも付いていくのだった‥。

もしも娘がブスだったりおばさんだったら、それでもバーニーは島に行っただろうか?(笑)

といっても映画の冒頭の、海賊による身代金要求の対処のために雇われて赴いたエクスペンダブルズの解決法を見れば、上記の問いなど無意味だとすぐに分かります。それはまるで「この先はただアクションを楽しんでください」と言っているような、豪快でお気楽な展開の仕方なのです。

いやいや、いくらお気楽でも、チームに頭脳役のメンバーが一人もいない、作戦さえ満足に立てられない行き当たりばったりの残念なやつらが何百人もの軍人を殺しまくって、自分たちは自力で歩いて帰れる程度の傷で済んでしまうというのはあまりにもイタイですよ(笑)

チームが一見バラバラだけれどちゃんと友情で(?)結ばれていて仲良しというのも映画的にはよ~く分かりますが、薬物依存症による症状から勝手な行動を取ってメンバーから外されたことを逆恨みしたガンナーが寝返って軍事独裁政権側に雇われ、チームのヤンを本気で殺そうとしたことまで水に流してメンバーに戻すというのもどうかと‥(笑)
男同士なら確執は殴り合えば、薬物中毒は「カウンセリング受けろよ」でいいのか?本当にそれでいいのか~?(笑)

最後に一番イタかったのは、このキャストだと誰しも全員によるアクションを期待すると思いますが、アーノルド・シュワルツェネッガーは正味5~6分くらいの登場時間、ブルース・ウィリスに至っては5分あるかないかくらいで、2人ともまったくアクションシーンが無かったことでしょう。

ある意味いっぱい笑っちゃった作品でした。あ、単に個人的な感想ですから、あまり気にしないでくださいまし~。

どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン

テーマ : 日記
ジャンル : ペット

 ナイト&デイの私的感想


映画紹介ではおそらく「キャメロン・ディアス演じるジューンと、トム・クルーズ演じるロイが空港でたまたま出会ったことから始まる逃亡劇あるいはスパイアクション」といった感じのストーリーとして紹介されているのではないかと思います(違っていたらすみません)。

劇場で予告編を見て、爽快なスパイアクションかと思って行ったのですが‥。
一言で言えば「好きになってしまった男性が、実はスパイだった」という、珍しく女性側の視点から描いたラブストーリー(?)としか言いようの無い映画だったというのが感想です。
スパイ物やアクションものを期待する人にとっては、ガクッと力が抜けてしまうような映画だと思います。
しかも、スパイのエージェントとの逃避行について、全編がまったくふつうのごくありふれた一般人の女性からの視点なのですが、スパイやアクションとは縁無く生きてきた一般女性の「彼を好きになっちゃった」というメガネをかけた思考はこんなにも視野が狭いのかという感じで、ストーリーも彼女目線で展開するのでおおざっぱな出来。思わず「おいおい、いくらふつうの女性でも、頭の中はもうちょっとマシでしょう~!?」と言いたくなるような映画でした

彼といると銃撃戦やカーチェイス、殺し屋まで襲ってきて怖いことばかり。銃撃戦なんて慣れてないから、びっくりするとパニックになっちゃう私(ジューン)。でも彼は私に対して細やかな心遣いをたくさん示してくれたわ。それに両親に対する愛情や恋愛感情は捨てるように訓練されてきたのに、彼は自分の携帯でいつも両親のことを探知して安否を確かめていたの。冷酷なスパイに見えるけれど、彼は本当はとても優しくて愛情溢れる人なのよ!

‥全体に陽気な(脳天気な?)雰囲気ですし、ハッピーエンドなので、ラブストーリーが好きな人や十代の女性、夢見る乙女には良いかもしれません(笑)


どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン

テーマ : 日記
ジャンル : ペット

 バイオハザードⅣ アフターライフ 個人的感想

あのバイオハザードシリーズが3Dになって、今回は東京から始まるということで早速観てきました。例によってネタバレありです。

全体としては記憶を失ったクレアとの再開、アリスの生存者救出とゾンビの大群からの脱出、新たな中ボスや新ボスキャラ(ウェスカー)と戦うという明快なストーリーで、次回作への布石としてのシーンや、謎のまままだ続いているアンブレラ社の計画などもさりげなく盛り込まれています。

バイオハザードシリーズは、私的には1はイマイチ、2はとても面白く、3は2が良すぎたためにやや期待はずれ(特にテンポ)、そして今回の4はどうだったかというと、全体としてはとても面白く満足できる作品でした。
今回はおそらくゲームの世界からはほとんど離れたのではないかと思いますが、重い武器を操る中ボス的な大男のキャラやクリスの登場はゲームファンにも嬉しい感じかと思います。私はこの中ボス対クレア&アリスの戦いが一番楽しかったです。
戦闘シーンは全体にマトリックスを彷彿とさせました。
3Dについては物足りないという感想もあるようですが、私は最近のものでは初めてだったので、とても立体感を感じてよかったです。

では例によって重箱の隅をつつくような細かい感想です(笑)

「今回の舞台は東京から」「実は最初の感染者は日本人で、中島美嘉が演じている」といった事前情報に、いやがうえにも期待が高まりましたが、東京のシーンは10分くらいだったでしょうか‥
東京でなければならないような必然性も、中島美嘉が最初のゾンビである必要性もまったく無し。クローン・アリス軍団の手裏剣などを使った戦いには、思わず笑ってしまいました。
日本から生まれた人気作品ということで、無理やり日本を登場させてファンサービスしただけですね(笑)

クレアの兄は刑務所の地下に囚われていましたが、この俳優さんは「プリズンブレイク」という刑務所から脱出する人気テレビドラマの主役なのだそうです。ラスト近く、自分だけ助かろうとみんなを裏切ってウェスカーの手先になったプロデューサーが結局ウェスカーの餌食になる寸前、「家に帰りたい」と呟きましたが、これはターミネーター サラ・コナークロニクルズの中で、キャメロンの元になった少女(名前を忘れてしまいました)が呟いた言葉でもありますね。また、マトリックス風の戦闘シーンといい、製作側の遊び心を感じました。これはよかったと思います。

アリスが東京から2人乗りの小型飛行機でアラスカに行ったこと、人間の能力に戻ったはずなのに見せる驚異的な戦いぶり、特にゾンビの群れに一人で取り囲まれたのに逃げ延びたこと、ウェスカーが超大型の爆発からパラシュートで生還したことはさすがにムリ!(笑)
でも、そんなことは無視して楽しんじゃった方がいいのがこの映画の観方でしょう♪

あ~、でもなんかアリスが少し老けました‥

最後にこれから観ようという方に一言。
エンディングが始まってもすぐに席を立たないようにしましょう!

どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン

テーマ : 日記
ジャンル : ペット

ぼくのエリ ネタバレありの個人的な感想

カラテア

写真はうちの観葉植物・マランタ



2008年のスウェーデン製バンパイア映画。副題がついていますが、映画のイメージを壊すだけなので書きません。現在東京で1箇所しか上映されていないマイナーな映画なので、記憶を辿ってあらすじも書きます。言葉や順序が多少違っていたらすみません(^-^;

ストックホルム郊外の小さな町に住む12歳の少年オスカーはクラスメイトの少年グループのいじめの標的になっている。いつしかオスカーはナイフを入手し、そしてアパートの中庭で人に見立てた木を刺すようになる。そんな夜、隣の部屋に越してきたエリという12歳の少女と出会う。その頃、近くの町で残酷な殺人事件が発生する。オスカーは新聞から切り抜いてその猟奇的な未解決の犯罪事件のスクラップを作るようになる。
やがて心惹かれたその少女と徐々に言葉を交わすようになり、オスカーはどことなくなぞめいたエリに初めての恋をする。オスカーはモールス信号を本で読んで覚え、エリにも教え、2人は壁越しにモールス信号で短い言葉を伝え合うようになる。その頃、オスカーの住む町でも失踪事件が起き、クラスメイトが狙われ、捕まる際に犯人であるエリと暮らしていた中年男は自分の身元を隠すために自分の顔に硫酸(?)をかける。人相が分からなくなるほど顔がただれた男は病院に運ばれるが、その夜、窓から訪ねたエリに彼女の唯一の食べ物である血液を与えるため、自らの血を差し出し、男は命を落とす。
その夜、エリは血まみれの口で寝ているオスカーの窓辺を訪ねる。オスカーに振り向かないように頼み、服を脱いで彼のベッドに潜り込むエリ。「裸なの?体が氷のように冷たい」と驚くが、やがてオスカーは眠りに落ちてしまう。翌朝目覚めると彼女の姿は無く、彼女の走り書きだけが残されていた。窓から顔を出すオスカー。その周囲には人が留まっていられそうなスペースは無い。
やがてオスカーの住む町でも失踪事件が起きる。被害者に子供が飛びつく姿が目撃されていた。
そんな中、オスカーへのいじめは厳しさを増す。エリは「やり返して。そうすればいじめられなくなる。私も手伝うから。」という。オスカーは放課後、学校でトレーニングをして強くなろうとしはじめる。
オスカーはエリへの思いを自覚し、エリに「付き合って」と申し込むが、意外なことにエリには「付き合う」という意味が分からなかった。自分が女の子ではないというエリ。しかし付き合っても何も今とは変わらないと言われ、オスカーと付き合うことを承諾する。
そしてエスカレートしたいじめっ子たちは、課外授業でオスカーを氷の池に入らせようとするが、オスカーは落ちていた棒でいじめっ子を叩いて怪我を負わせ、グループの他のいじめっ子たちはオスカーに一目置いたように見えた。
オスカーはお気に入りの廃屋にエリを連れて行き、自らの手をナイフで切って、血の契りを交わそうとエリに手を差し出す。しかし床に滴った血を見たエリの様子は変わり、獣のように床に飛びついて血をすする。
一連の不思議な出来事からオスカーは彼女がバンパイアであることに気付き、質問する。隠すことなく事実を認めるエリ。「食べ物は血。どんなことをしてでも生き延びたいだけ。」初めて会ったときオスカーが呟いていたいじめっ子の言葉をそのまま繰り返し、「あなたも生き延びたいでしょ。」というエリ。さらにオスカーはエリが言っていた「女の子じゃない」という言葉の意味を知る。バスルームを覗き見して、縫い付けられて女性としての機能を失ったエリの無残な下半身を見てしまったのだった(このシーンはぼかしが入っています レビューで知っていました)。
それでもエリへの気持ちが変わらないオスカー。
ところが、親友を殺され、自分の彼女がエリに吸血されているところを助けたものの、彼女が生きながら変化し、光に当たることで自殺を遂げてしまった男がエリを不審に思い、アパートに忍び込む。バスタブの中で眠るエリの首にナイフを突きつける男。たまたま部屋をこっそり訪れていたオスカーはナイフで男を止めようとする。その隙に目覚めたエリが男に飛び掛って吸血し、男は息耐える。そのときの物音で上の階の住人が「今何時だと思ってるんだ、静かにしろ!」と怒鳴りまくる。「もうここにはいられない」というエリ。
その夜、オスカーが窓の外を見ていると、1台のタクシーが通っていった。エリの部屋は空になっていた。
エリの以前の走り書きを再び手に取るオスカー。そこには「ここを去って生き延びるか。留まって死を迎えるか。君のエリ」と書いてあった。
涙を流すオスカー。
そんな矢先、弟を痛めつけられたいじめっ子の兄がオスカーをプールにおびき出し、3分間潜らせようとする。さすがにいじめられた本人も引くが、兄の怒りは収まらない。頭を抑えられてプールに潜らされ、絶体絶命のオスカー。そのとき、水の中にくぐもった悲鳴が響き、何かが投げ込まれる。それはいじめっこたちの引き裂かれた体の一部だった。オスカーを押さえ込んでいた腕の力が急に抜け、それはちぎれた腕の断片となって水面に浮かんでいき、不意に引き上げられるオスカー。エリだった。笑顔で見つめ合う2人。
窓からの日差しを受けながらたった一人で列車に乗っているオスカー。やがて彼は床に置いた物にモールス信号を送る。すぐに返事は返ってきた。床に置いたトランクの中に入っているエリから。

原作を読んでいないので、あくまで映画を観ての感想です。
ハリウッド作品のバンパイア物を見慣れていると、派手さや華やかさのカケラもない、ハリウッドらしい演出ともまるで違うこの映画に少し戸惑いますが、観ているうちにこの作品はバンパイア物でありながら、描いているのは別のことであるのが分かってきます。牙や変身シーンがないのも、そのための演出でしょう。
さらにこの映画の作品紹介にはたいてい「12歳の少年とバンパイアのラブストーリー」と書いてありますが、私は少し違うと思います。普通の恋なら少年を子供から男へと変えていくことでしょう。しかしエリは何度も「女の子じゃないから」と言います。その言葉の本当の意味(エリが女性として機能できないこと)を知り受け入れた過程はさらりと描かれていて見過ごされがちだと思いますが、実はこの映画の本質を描いているのではないかと思います。子供のうちにこのような身体にされ、吸血鬼と変化しているエリは人を愛することができないと思います。オスカーが恋心を抱いてエリに接するのに対し、エリは最後までオスカーに恋心を抱きません。
それではエリはなぜ彼を必要としたのでしょうか?
200年も12歳として居所を転々と変えながら生きてきた少女。映画では深く描いていませんが、彼女の心はどんなに孤独だったことでしょう。人を愛することのできない子供でも、孤独は感じるのだと思います。
エリが自分が生き延びる手段にオスカーを選んだとしたら、オスカーが差し出してくれたキャンディーを一度は断ったものの、オスカーの気持ちに応えて食べて吐いてしまったり、バンパイアの性質を知らずに部屋に入るようオスカーが求めたとき、それに応じればどうなるか自分では知っていながら部屋に入って出血して血まみれになったりという、自分の命が脅かされる行為はしなかったと思うのです。
200年生きてきた老練な妖魔の策略など用いず、ありのままの吸血鬼としての自分を常にオスカーの前に晒して、「私を受け入れて。私を少しでも理解して。」
それが孤独な彼女の求めるすべてだったように思えてなりません。
オスカーはクラスメートからいじめを受け、ナイフを所持するほど危機感を抱えています。友達はいません。大人たちは彼に対して好意的に見えますが、一歩踏み込んでみればとっくに子供の心を忘れ去ってしまっています。オスカーの世界と大人たちの世界は同一に見えて、実は決して交わることがありません。
そんな寂しい日々を過ごすオスカーにある日訪れた初めての恋。成就することのない恋だと分かってもエリと生きる道を選んだのは、オスカーもまた孤独を噛み締めてきたからです。
これは孤独な魂のはかない絆を描いた異色作だと思います。
エリがプールでオスカーを助けるシーンで、自分がいじめの標的になる変わりにパシリになる道を選んだ少年を殺さなかったのも、少年の生き延びたい気持ち(形)をエリが見抜いたように思えました。

エリと一緒に町を出るラストは決して明るい未来が待ってはいないことを感じさせますが、おそらくこのときのエリとオスカーは今までの人生の中で一番心が満たされ、暖かい気持ちだったに違いありません。このひとときでしかないにせよ(オスカーはやがて大人になり、いつか死んでいく)、お互いの心の大きな隙間を埋めるパートナーに巡り会えたのですから。

ラストの哀しげではあるけれど穏やかで情緒溢れる音楽もその意図とよく合っていて、とてもよかったです。



どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン

テーマ : 日記
ジャンル : ペット

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。