スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キャリーバッグ購入失敗

IMG_011.jpg


先週の日曜日、隣の駅に近いところにあるコジマにトリミングに行ったときに、今使っているキャリーバッグより少し幅に余裕があり、とても軽いキャリーがあったのですが、持ち合わせがわずか足りなかったので、今日の午前中、リサと一緒にコジマに行きました。

予定ではキャリーを買って、それをすぐに使ってそのまま光が丘公園に行くつもりだったのですが、行ってみたらそのキャリーは売れてしまっていました。
見た目がイマイチだったのでまだあるだろうと思っていたのですが、やはり軽い物は人気があるのでしょうか。考えが甘かったです

仕方なくマンションに引き返して、いつものキャリーにコンニャクのようにツルンツルン抵抗するリサをなんとか入れて、公園に行ってきました。
でも、疲れてしまい、まだ写真をパソコンに移していないので、この写真は舎人公園のときのものです
帰りは舎人公園のときのような抵抗もなく、すんなりバッグに入ったリサ。改めて見直してみると、バッグが小さすぎるというほどでもないみたいです。
少し慣れてくれたのかと思って喜んでいたら、あと少しで最寄り駅に着くというところで情けない声を上げ始めてしまいました
キャリーバッグと楽しいお出かけがリサの中で=になるように、なるべくいろいろ連れていってあげたいと思います。

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

舎人公園

IMG_tree.jpg


先日、リサを連れて実家に帰ったことで少し自信がついたので、
22日にリサと足立区にある舎人公園に行ってきました。

IMG_0008.jpg

公園は都内とは思えないくらい広く、のんびりできて良い感じでした。

IMG_0010_20081124192344.jpg

リサも楽しそうでしたが、写真を撮るためにリードを繋げそうな場所は
あまり良い風景ではありませんでした。背景の良いところで
撮れなかったのがとても残念です。

IMG_0053.jpg


犬を連れてきている人も大勢いました。

IMG_0027_20081124193106.jpg

そうね、自分の3分の2くらいの小さなチワワに追いかけられて
私の足をリードでぐるぐる巻きにしたもんね

IMG_9.jpg

とはいえ、紅葉の中をリサとたくさん歩いて楽しい1日でした

IMG_0040.jpg

ただ、行きも帰りも駅でリサをキャリーバッグに入れたのですが、今までになく
抵抗され、フードでつってもうまくいかず、かなり大変な思いをしました
たぶんバッグが狭すぎるのだと思います。今度、もう少し広めで
安定の良いなるべく軽いバッグを探そうと思います。


クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

生後7ヶ月目

IMG_0006_20081119203056.jpg



先月頃からでしょうか、少しずつリサの行動に変化が現れてきました。
以前は時間を選ばず、とにかく撫でられるのが大好きだったのですが、しばらく前から遊びたいときに撫でようとするとさっとかわすようになりました。そしてここしばらくは主に朝のおはようの挨拶とお帰りなさいのときとおやすみなさいのときになってきました。

で、私が2人の座布団にいて、リサが遊びたいモードでないときはどうしているかというと、少し離れたところから私を見る…見る…見る(笑)
その辺をウロウロすることもありますが、たいていはひたすら私を見ています。
遊びには乗ってこないし、撫でられたがらないので、こういうときはなんとも手持ち無沙汰です。
でも、私がパソコンを始めると、注意をひきたいようです(笑)
また、大人になってもそのままではないかと心配していたハイになる時間が、いつの間にかかなり短くなってきました。
このところ甘噛みも少しずつ減ってきました。これもずっと続くのかと思っていたので、ほっとしました。最近は手がきれいなままです

そして、昨日も書きましたが、初めて本気で唸ったことと、お散歩中に初めて他の生き物(野良猫)に自分から寄って行ったこと。
昨夜のお散歩では、尻尾を振りながらお散歩する穏やかそうな黒ラブを見て、1~2歩近寄りました。これも今までのリサから考えると、大きな変化です。
黒ラブはそのまま行ってしまいましたが、リサは少しの間、振り返って見ていました。
でも、強気そうな犬が来ると、相変わらずスタコラその場から離れます(笑)

こうやって少しずつ大人になっていくのですね

そうそう、昨日はお散歩のあと、とってもいい子にしていましたが、今日はいつものリサに戻っていました。飼い主はちょっと期待しすぎでした

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

リサに唸られる

IMG_0024.jpg


リサのお散歩コースにはわりと野良猫がいます。彼らはリサに対していつも警戒心を顕わにします。
それが分からなかったのか(うう、鈍感…)、昨夜のお散歩で、リサは初めて自分からしっぽを振りながら楽しげにこの野良猫の1匹に近寄っていきました。
しかしそれはいつもリサを迫力で睨みつけながら警戒するひときわ気の強そうな猫でした
リサと野良猫の間に一瞬流れる会話のような雰囲気。次の瞬間、リサは慌てて踵を返してその場から逃げ出しました
それからいくらもしないうちに、違う野良猫が現れました。するとまたしてもリサは猫に近寄っていきました。一瞬の静寂の後、リサは小さな声で唸りながらその場を離れました。
その後のリサはいつもとまったく変わらない様子でしたが、どこか興奮が残っていたのかもしれません。

夕食の後のことでした。
リサの食器をさげるときに、一緒にさげようとしたデザート代わりに食べたお菓子の小さなビニールの袋をうっかり床に落としてしまいました。
リサは袋をサッと咥え、私が取り上げようとすると部屋の角に逃げました。
いつもスーパーの袋を収納場所からくすねるのを楽しみにしているリサですが、今回は袋の内側にお菓子の味がついています。小さいのでもしかすると食べてしまうかもしれないと思った私は袋を取り上げようとリサに近づきました。
すると、リサが生まれて初めて遠慮しないで本気で私に唸り声をあげ始めたのです。

食べ物系が絡んでいたせいもあったのでしょう。
しかしリサが初めて本格的に唸った相手が私であること、そして私自身も今まで犬に唸られたことが無かったので、非常にショックでした
が、このまま引き下がれば悪い癖がつく可能性もあるので、私は強いきっぱりした口調でリサを叱り付けました。最初は興奮していて唸り続けたリサですが、もう一度、さらに厳しい調子で叱責すると、袋をポロリと落としました。そこで袋をゆっくり取り上げて、さらにリサの上に被さるようにもう一度叱り付けてからキッチンに行き袋を捨てました。そのままキッチンに立てこもろうかとも思いましたが寒いので止めにして、無視することにしました。
私はキッチンから部屋に戻ったときはいつもリサの姿を目で確認するのですが、今回はリサには目もくれずにパソコンをつけました。最近はリサが椅子に上りやすいように体をずらして座るのですが、これも深く腰掛けてリサが上ってこれないようにしました。
私が部屋に戻った時点で私のことを気にしまくっていたリサは、しばらく椅子の周りをウロウロした後、語尾を上げる質問調の終わり方でキュンキュン鳴き始めました。
ここで構うのは少し早い気がして、無視をどのくらい続けるべきか迷ったのですが、その質問調の鳴き方がかなり堪えているようにも受け取れ、これ以上続けると逆効果になるようにも思えたので、私はリサの方を向いて、「もう2度とママに向かって唸らないように」と諭しました(犬に諭しても無駄らしいですが←笑)。
まあリサはよく飼育書に書いてあるような自分のしたことを一瞬で忘れる感じの子ではないので、とりあえずそうやってけじめをつけてから、もう怒っていないことを示すために撫でてあげました(こういうときに撫でるとしつけ効果ぶち壊しらしいですが←笑)

その後はリサに対していつもどおりに振舞ったつもりでしたが、しつけの本を読み直したり、頭の中でいろいろ考えたりして、今後同じことが繰り返された場合、どのようにしつけをしていくべきかとずっと気にしまくっていました。
今日は朝から会社のパソコンで飼い主に唸る犬へのしつけ方を調べたりして、やや重い足取りで帰宅しました

ただいまの儀式とリサの軽い食事、そしてお散歩。
ここまではいつもどおりでした。
が、この後がいつもと違いました。
いつもなら体と足を拭かれるのを嫌がって逃げたり、私の指を少しだけ力を入れて噛んだりするのですが、今日のリサは何もせず、最後までおとなしく私に拭かれたのでした。

きっとリサもずっと気にしていたんですね。
そして「今日のお散歩の後は我慢していい子にしていよう」と一生懸命考えたんですね。
共通の言葉が無いので、態度できちんとお詫びをしたリサの株が上がったのは言うまでもありません(こういうことはリサだけがするわけではありませんが、結局親ばか←笑)

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

お利口さん

IMG_0012_20081110214033.jpg


いきなりお見苦しい写真ですみません。なんだか犬が喜んでイタズラしそうな袋でしょ?
これ、実はリサの生理が始まる前日に、リサのために買ったフローリングに敷くボアなんです。
安物ですが、さすがに新品にすぐシミが付くのもなんだかと思って、敷くのを延期しています。
中身が剥き出しで入っていて、おおざっぱな飼い主は時々床に倒してしまうのですが、リサは決してイタズラしないんですよ~
こういうカサカサしたビニールの袋や布系は大好きなのに、です(今日も親ばか←笑)

IMG_0010_20081110214011.jpg

さらにお見苦しくてすみません。
あ、実家にはちゃんとした本棚があるんですよ~(^^ゞ

これもリサがうちに来たときからずっとこんななんですが、一度ビターアップルをかけたきりで(とっくに匂いは飛んでいると思いますが)、未だに本が引きずり出されたり、コードが齧られたり、右下のCDが無残な姿に変わり果てていたということがありません。
それぞれについて、リサは何度か興味を持ち、口で触ろうとしたことがあるのですが、そのたびに私が「それは止めてね。触らないでね~。」と言うとすぐに止めてくれ、そのまま我が家の秩序は今までずっと保たれています
狭い部屋に住んでいるので避難させるスペースも無く、まあ犬ですから、「いつかは何かあるかも」という覚悟はしているのですけれどね。

でも、私が座布団に座って読む本はことごとく端の方がボロッとなります(笑)
齧られて惜しいような本はもともとありませんし、飼い主はたいして気にしていないので、どうなっても良い本についてはリサを膝の上に乗せるというコミュニケーションの方を選ぶわけです。
以前なら考えられなかったんですけれどね~。
リサがきてから、いろいろな意味で変わりました(笑)

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

小さな記念日

IMG_0002.jpg


昨日の朝、リサがまたブルブル震えていました
特に思い当たる原因は無く、食欲もいつもどおりだったので、とりあえずエアコンの温度を少し上げて、そのまま出勤しました。
帰宅するまで心配で、またまた「こういう時一人暮らしは困るなぁ」と思いながら急いで帰宅しました。
いつもと変わらない様子で迎えてくれたリサ。震えも止まっていました。
ほっとしてただいまの儀式を済ませて服を着替えて2人(私とリサですよ←笑)の座布団のところに行くと、床に赤い染みが。
リサは初めての生理を迎えたのでした。

おめでとう、リサ
もうそんなに成長したんだね~。
人間だったらお赤飯を炊いてお祝いするところだね。残念ながら、スペシャルフードでお祝いしてもリサにはその意味が分からないので、「なんで1回だけなの?もっと食べたいよ~」と逆にストレスになってしまうだろうから何もしないけれど、心の中でお祝いするね。

しばしお祝い気分の後、いろいろ考えて、来年2月頃にリサに避妊手術を受けさせることにしました。リサを迎える前は、犬を飼ったら初めての生理の前に手術を受けさせようと思っていたのですが、甘噛みがあまりにもすごいのと興奮しやすいので、この子犬の頃の特徴が継続されると困ると思い直し(しつけにもよると思いますが)、生理後に受けさせようと思っていました。
これで具体的な目処が立ちました。

そういえば先月末~今月初めにかけては、リサはググッと大きくはなりませんでした。
ホルモンが変化を迎えたので、これで少し成長曲線が緩やかになってくれるかな(ホッ←笑)

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

実家で 2

IMG_0012.jpg

たまにはこんなときも



実家に行くときにちょっぴり心配していたことが2つありました。
一つは移動中のリサの鳴き声。
そしてもう一つは食事。
私が食事をするとき、リサがいくら欲しがっても、テーブルなのでリサには届きませんでした。
しかし実家ではお膳なので、リサでも食卓に簡単に届いてしまうのです。

私は事前にリサの食事は持っていくので用意しないでいいことと、人間用に調理した物は犬には塩分などが強すぎて体に悪いということを伝えておきました。
それでも母はリサのために「鳥のささみフード」というペットフードを用意してくれていました。最初に鶏肉アレルギーのことを伝えておけば良かったのに、母に悪いことをしてしまいました。そのフードは、母がいつも餌をあげている公園の鴨たちのものになりました。

最初にケーキを食べるときはリサをリードで家具に繋いでおいて、その日2回目のフードをあげましたが、夕食のときは思い切って繋がずに様子を見ました。
いつもはリサの食事は私の後ですが、空腹のところに手の届く高さの食卓ではまずいだろうと思い、
今回は同時にしました。あっという間にフードを食べ終わってこちらに来たリサはドレッシングをかける前のレタスをもらいました。しかし1枚で飽きたようでその後は盛んにお膳に手をかけましたが、やはり人の家では気分が違うのか思ったほど激しい様子ではありませんでした。私がダメといってリサの手を払ったり、母はリサを払わずに自分のお皿を上に持ち上げて防ぎ、心配していた「食卓乱入」というような騒ぎにはなりませんでした。リサがだんだん母の家に慣れてきてからのほうが気をつけないといけないかもしれません。

慣れるといえば、初めはリードを外しても用心深く母と私の膝の上を行き来するだけのリサでしたが、6時間ほどかけて少しずつ慎重に行動半径を伸ばし、居間と仕切りが無く続いているキッチンまでは行けるようになりました。しかし、他の部屋に一人で行こうとすることはありませんでした。母が行っても、リサは途中までついていって引き返していました。
私のうちにきたときも、最初の数日は部屋の中の一番広々としたゾーンには決して行こうとしませんでした。かなり慎重派ですね(笑)

そして神経質でもあるようです。ペットシーツを持って行ったのに、2回食事をして水も良く飲んだのに、トイレのそぶりさえ見せず、うちに帰ってから出しました(笑)
十年以上前、叔父がミニチュアダックスのペアを連れて遊びに来たとき、その子たちは持参のペットシーツを使ってうちで用を足したので、リサもそうできるだろうと思い込んでいたのですが、そういうのも個性によるのですね~。ちょっとびっくり。
リサは何回目から出せるようになるかな~(笑)

犬をいろいろ知っている母は、リサのことを「頭が良くてかなりマイペース。1年も経てばかなり利巧になるよ。」と言っていました。
犬と触れ合うのはリサが生まれて初めての私も、前半部分については同意見です(親ばか要素あり←笑)。1年後、リサがどんな風になるかまでは想像がつきませんし、それは私次第の部分もあると思いますが、犬好きの母の言葉に、大人になったときのリサがとても楽しみに思えてきました♪

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

実家へ 1

リサ0006


土曜日はリサと一緒に実家に日帰りしてきました。

リサを入れるバッグについては買い換えるかどうかさんざん悩みましたが、ショップで実際に持ってみると、リサを入れる前に既に私には重すぎるものばかりなので、とりあえず今持っている軽めのキャリーバッグで行きました。
先月測定したとき2.3㎏だったリサは犬としては軽いわけですが、それでもバッグに入れて肩にかけると私にとってはずっしり重く感じられてきつかったです
そんなわけで、550gのカメラまで持つ気にはなれず、リサがちっともじっとしていなかったので携帯のカメラの写真はブレてしまい、実家での写真はありません

実家までは電車を2回乗り換えて片道50分ほど、この間リサが鳴き続けるのではないかと非常に心配でしたが、2回目の乗り換え後の路線での急行の通過待ちで電車が長めに止まるまではほとんど鳴かず、ホッとしました。
ただし、急行の通過待ちでは周りの人の視線が集まるくらいキュンキュン鳴かれて恥ずかしかったです
それから歩いているときも時々情けない声をあげるので困りました。安定が悪いからなのでしょうけれど、私の万年肩こりのへなちょこ筋肉ではバッグの揺れまで気を遣う余裕は無いので、リサに慣れて(諦めて?)もらうしかありません。

今回の帰省では、実家のすぐ近くにある比較的大きな公園をリサとお散歩するのがとても楽しみでした。
実家に着いて母とケーキを食べながら一息ついてから、早速母と私とリサで公園に行きました。青空が広がる気持ちの良いお天気だったのでたくさんの人がいて、初めはおっかなびっくりのリサでしたが、芝生の上を歩いたりするうちにすぐに楽しそうになりました。
私は自分の家の近所のスーパーでは売っていないSサイズの安いストッキングを実家近くのスーパーで帰りに買うつもりでいたのですが、母が散歩の途中で「リサを散歩させているから行っておいで」というので、途中で母にリードを預けました。20分程だったでしょうか、公園に戻るとなかなか2人を見つけられません。ちょっぴり焦りながらぐるぐる探していると、かなり早足で移動する2人をようやく発見。なるほど、このスピードでは見つけにくかったわけです(笑)
しかも全然違和感が無いし(爆)
「やっぱりリサは私でなくてもいいんだな~」とちょっぴりショックを受けた私に、「そんなことは無いわよ。リサはちゃんとあなたを飼い主として見ているわよ。あなたがトイレに入っている間中、ずっとトイレを見つめて出てくるのを待ってたわよ。」と慰めてくれた母。しかし、リサは母がトイレに入ったときも、やはりトイレを見つめて待っていたのでした。
ああ~、私がこんなに愛しているのに、やっぱりリサってそういうヤツなんだな、誰でもい~んだな(笑)

土曜日はとても楽しく過ごしましたが、昨日はお散歩の後、私もリサも疲れが出て、それからはおとなしく過ごしました。
これはしばらくは連休のときでないと帰れそうもありません(苦笑)

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。