スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真冬のお散歩用の服

IMG_0022.jpg

ロングコートなのに短毛だしね(笑)


ロングコートチワワに服を着せる理由として(雪国は除きます)、「チワワはメキシコ原産なので寒さに弱いから」という説(?)があります。
ネットでその説を眼にするたびに、ちょっぴりおかしくなります。

まず、原産地でのチワワはスムースコートを指しているということ。
次にアメリカで現在のチワワとして固定されてから150年は経っているということ。その間、主にアメリカのどの地で固定されたかは定かではないようです。ご存知のようにアメリカは広いので、寒いところはとても寒い。150年の間、たとえ室内メインであったとしても、アメリカでの環境にまったく順応できなかったなんて、果たしてありえるでしょうか?そしてアメリカ直輸入犬の直子でない限り、日本の気功風土でも何代か過ごしてきているわけです。
しかもチワワのロングコートを作り出すために掛け合わされたというポメラニアンはソリを引く犬を先祖に持っているし、パピヨンもまた、北方スピッツ系犬種の血を引くと考えられています。つまり、もし原産国の気候がものをいうなら、ロングコートチワワにおけるポメラニアンとパピヨンの原産国も同じようにものをいうべきなのです。

それでも、「ロングコートだけれど、裸(この表現もどうかと思う。服を着る文化を持つのは本来人間だけだ)で散歩させたら風邪を引いた」という例はいくつもあると思います。
しかしそれはチワワの先祖が暑い国の犬だからではなく、小さい分、腹部や胴体が地面の底冷えをまともに受けてしまうからだと思います。


前置きが長くなりましたが、私は個人的には自分の犬にはなるべく服を着せたくありません(あくまで個人的なことですし、人それぞれだと思っていますので、犬服の好きな方、どうか気を悪くなさらないでくださいね)。
なるべく自然に近い姿が好きなんです。
とはいっても、自分のエゴでリサに凍えるような思いをさせて体調を悪くさせるつもりもありません。
リサの様子を見て、どうしても必要そうであれば服を着せようと思います。

というわけで、ある日突然、「寒さのためにお散歩中止→翌日、服を買いに行く」ではリサがかわいそうなので、飼い主は服を用意しましたよ(笑)
毛糸なので、使い始めたらすぐにボロボロにされそうだけれど、できれば出番が無いことを祈っています(^^ゞ

防寒服



クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

生後8ヶ月、ドカンと2.6㎏(^^;

IMG_0001.jpg


うちには体重計がありません。ペットヒーターは気張っても、体重計はケチる飼い主です( ̄∇ ̄*)ゞ

先日、いつものお散歩コースにある高校の通用門の前を通ると、ふだんは閉まっている門が開いていました。開いた門の向こうをなんとなく見ると、およ?すぐ近くの雨ざらしギリギリの場所に、大型の体重計があるではないですか。表面の塗装があちこち剥げて錆びの見えるその体重計は、どう見ても土足使用に見えます。

辺りに人気が無いのをいいことに、ちょいと使わせていただきました(^^;)ゞ

その結果がタイトルの通り、約2.6㎏。
あちゃ~、最近抱くとどうもずっしりくると思ったら‥
ママは慢性のひどい肩こりなんだよ

まだ成長期なので、チワワ失格(3㎏を超える)は時間の問題かも(汗)
何のために母親980g、父親2.7kgの子を選んだんだか~。
成長しても2kg前半以下の子を望んでいた飼い主にとって、ショックはかなり大きかったです(T.T)

でも‥、それはリサのせいじゃないもんね。
何kgになってもリサはリサ。
私の大事な宝物だよ

だけど時々「でか~」ってグチるのは許してね

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ


テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

「伏せ」を覚えました。

IMG_0019.jpg

しばらく前の、毛のしょぼさ全開の頃の写真です(^^;


「お座り」、「待て」、「伏せ」は最低限覚えさせたほうが良い基本的な躾ですが、私はずっと、この中で一番教えやすいのはお座りだと思い込んでいました。
食べ物でつらずに覚えさせたかったので、リサが座るときに「お座り」と声をかけて覚えさせようとしてきましたが、飼い主が声をかけるのをしょっちゅう忘れてしまうことと、タイミングがうまく合わないことが多いためか、リサはなかなか座る行為とお座りを結び付けられずにいます

まったくの犬初心者の私は、お座りでさえこんなに難しいのに、ましてや普段することの無い姿勢である伏せなんて、到底教えようが無いような気さえしていました。
ところが、ちょっと試してみたら、なんと伏せは1日経たずに覚えることができました
ラッキー

お座りは座らせようとしてみてもお尻を下ろしてくれないのですが、伏せのほうは遊びに誘う(?)下半身は立ったまま上体だけを下げた姿勢のときに、手を使って頭とお尻を下げてみたら、あっさり伏せの姿勢完成。そのまま「伏せ!」と号令をかけ、これを数回繰り返しただけで覚えてくれました。

このまま波に乗ってお座りも覚えてくれないかと少し集中して試みてみたのですが、こちらはまだピンとこないようです
犬というのは飼い主が根気よくがんばれば何歳でも新しいことを覚えてくれるそうなので、焦らず継続していこうと思います

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ


テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

お台場海浜公園

IMG_001.jpg


情けない写真で恥ずかしいのですが、リサが砂浜も海もとても嫌がったのと、背景に海が写る所にリードを繋ぐ適当な場所が無かったので、こんな風になってしまいました

お台場海浜公園は元々レインボーブリッジの夜景が美しいので大好きな所で、昼間も犬を連れた人たちがたくさん散歩に来ているので、いつか自分の犬を連れて行ってみたいと思っていました。

夢を実現させてみたら、リサは初めての海を嫌がって、芝や木がある方ばかり歩きたがりました。海はともかく、砂浜はもう少し喜んでくれるかなぁと思ったのですが‥。
これからは、リサとは緑の多い公園に行くことにしましょう

外人の小学生くらいの男の子が近寄ってきて、「どうぞ」とリサにフライドポテトを一つくれました

bridge6032.jpg


クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ



テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

ペットヒーター購入

IMG_0026_20081217194925.jpg


我が家は夏も晩秋からも、リサのためにずっとエアコンが大活躍しています。
そして11月半ばには、できればそのままにしておきたかったフローリングのメインゾーンに、リサのために安物ですが薄い敷物を敷きました。さらに12月に入ってから、リサの秘密基地(ベッドの下の物置になっていない部分←笑)にも、犬の体温を利用して冷えにくいマットというのを敷きました。
最近はエアコンを30度にしていますが、それでも床のほうは温度が低めなので、思い切ってペットヒーターを買いました。

ヒーター付きベッド

最初は隣町に近いコジマに行ったのですが1種類しかなく、仕事帰りに例の一目惚れした子のいるデパートのペットショップに行きました。まだあの子はいました‥
数種類あるヒーターの中から、居心地の良さそうなベッド付きのものにしてみました。

毎日お留守番のリサですが、カバーを付けたコードもそうでないコードも齧られていないので、たぶんこれも大丈夫だと思います。念のためにビターアップルをスプレーしておきました。

それにしても、上物付きだけあって、いいお値段でした
自分へのクリスマスプレゼントはもう何年も無いのにね~
なんて、それとこれとは違いますね(笑)
それに省エネ製品なので、長い目で見れば決して高くはないですね。

リサ、気に入っておくれよ~

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ



テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

一目惚れ、されど縁無し‥

IMG_023.jpg


金曜日の仕事帰り、会社で風邪が重くなっていたのですが、リサのフードのトッピングのチーズを買いに、デパートのペットショップに行きました。
そのとき、ケースの中にいる1匹のチワワに思わず釘付けになりました。
生後3ヶ月のブラックタンでした。
可愛すぎる!
目つきといい、仕草といい、すべてがあまりにかわいすぎる~!
それはまさに一目惚れでした。
私は子供の頃からペットショップを見るのが好きでよく行っていたのですが、記憶にある限りでは犬に一目惚れしたことがありません。
ああ、うちには生涯1匹の犬、リサがすでにいるというのに、今頃一目惚れとはなんということでしょう

いやいや、よく様子を見れば幻滅するかも‥(笑)

愛らしい瞳は良く見るとリサのように明るさに満ちていて、なんだか賢そうで、それでいてどこか守ってあげたくなるような‥
い、いかん、では仕草は?
隣のミニチュアダックスと一生懸命遊ぼうとしたり、タオルで遊んでみたり、ぺたんとオスワリしたときの手足の位置とか、おしっこをする姿までかわいいではありませんか~

こうなったら、リサのお留守番仲間にどうだろう?いや、まず多頭飼いについてもっと調べてみないと。
こうして家に帰って、調べてみました。
その結果、相性がよければ飼い主の癒され度も2倍。しかし相性が悪いと大変神経を遣うことに。しかも相性が悪い子たちが途中から仲良しになることは一生無い。場合によっては共存が難しいケースさえあるという。相性の良し悪しは飼ってみないと分からないので、賭けである。

相性が良かった場合でも、犬は順位を争う小競り合いをよくする。場合によっては人間にはかなりすごいことをしているように見える(私は気が小さいので、見ていたら疲れそう←笑)

順位についてはよく注意してきちんと1位を立てなければならない。売られている子は小ぶりでリサよりはおとなしそうでもあるので、体格差や性質から万年最下位になる可能性もある。ネットで見る限り、犬の順位が不動なのは安定して良いことのように書いてある。しかし私は以前、やはり順位をつけるエキゾチックアニマルを多頭飼いしていたことがある。そのとき、圧倒的な差によって万年2位になった子のストレスといったら大変なもので、私と、動物好きの母は非常に心を痛め、扱いにすごく気を遣ったものだった。個体差も大きいとは思うけれど、犬の最下位はどうなんだろう(もちろん私が1位)。

後から来た子は先住犬を真似るので、先住犬をきちんとしつけてからでないと、苦労が2倍になる。

当然のことながら経費も2倍(笑)

片方が病気にかかると相互で移しあいのキャッチボールになる可能性もある。

やはり今の段階では責任を持って飼えるのは、私の場合は1匹のような気がする‥。
私は渋々、一応諦めました。

が、未練がましく土曜・日曜にもう一度見るだけでも見たかったのですが、風邪が重くなってしまい、行けませんでした。

今日は70%くらい回復したので、上記のことを頭の中で繰り返して、「無理無理」と念仏のように唱えながらも、結局またペットショップに行ってしまいました(笑)

ううっ、やっぱり可愛すぎる‥。リサとこの子がうちで待っていてくれたら、さぞかし楽しいだろうな~(おい、責任は?←笑)

ペットショップでは絶対に買いたくないのに。
またブラックタンなのに。
ハイオンなのに(リサと並んだら、ブラックタンの高低凸凹コンビニなってしまう)。
耳が垂れているのに(立てればいいけど)。
口元が黒い毛なのに。

「あの~、ちょっと抱っこさせてもらっていいですか?」(笑)


店員さんに話しかける直前、値札の上の文字が目に入りました。

「ご成約」

うわ~ん
そうよね、こんなにかわいいんだものね。
でも、きっとこれで良かったんですね。

ただ、多頭飼いについて調べていくうち、「リサが生涯ただ一匹の犬」という考えは少し変わりました。リサが老犬になったときに、飼える状況であれば子犬を迎えようと思います。
私は以前、ペットロスで1ヶ月近くまったく笑えなくなったことがあります。何を聞いても何を見ても、心が反応できなくなって無表情に過ごしました。
母の「寂しい」という言葉にこれではいけないと思い、自分で元に戻る努力をしましたが、母がもし何も言わなかったら、もっと長引いたと思います。
大好きなリサがいつか死んだらたぶんまた重いペットロスにかかる気がします。老犬は子犬を迎えると少し若返るそうなので、それぐらいの頃には、私にもリサにもきっといいと思います

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ


テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

リサのヒート

IMG_0014_20081213211402.jpg


今まで旺盛だったリサの食欲が、先週くらいから少し落ちました。
前のようにがっつかなくなった(笑)と思っていたら、この2~3日は少し残すときも出てきました。
しかし様子は微妙におとなしいかなという程度で、ふだんとそんなに違うようでもありません。
もしかするとフードに飽きたのかもと思いましたが、市販のフードとしては良い物を使っているつもりなので、成犬食に切り替える生後1年まではこのフードでいきたいと思い、ふりかけタイプの鰹ダシのスープとチーズのトッピング、乾燥野菜(私のおすそわけの生もあげていますし、栄養としては野菜は生が一番だと思いますが、目先に変化をつけるため)を買ってきて、スープとチーズは1日置きに交互に使ってみました。
その結果、どちらも残さなくはなったのですが、やはり以前のようにはがっつきません。

今朝、ゆっくり起きてみると、なんと床にリサの吐しゃ物が少しありました
ネットの情報や飼育本などで犬がよく吐いたりするとは知っていましたが、リサはこれまでに一度しか吐いたことがありません。前に吐いたのは生後4ヶ月にならない頃で、食後、自分で興奮し過ぎたときでした。
今回、初めての生理後、たまに体が軽く震えるようになっていたのですが、チワワは震えることがある犬種ですし、特に具合が悪そうにも見えなかったので、一応ずっと様子に注意をしてはいたのですが、今日はかなりブルブル震えていました。

食欲が落ちた・少し元気が無い・吐いた・震えている‥、どれも深刻なほどのものには見えませんでしたが、これだけ揃うとさすがに不安で、動物病院に電話して診療を受けたほうが良いかどうか相談しました(この病院は「とにかく診察を受けてください」みたいなことは言わず、様子を見たほうがいいときはたとえ飼い主がそれでも診察を受けたいと言っても、きちんと理由を説明してくれて様子を見るようにアドバイスしてくれます)。

で、先生の説明を聞いてこのところの小さな異変の謎が解けました。
生理後1ヶ月くらいは前期発情・後期発情期間にあたり、そのようなことがあるのだそうです。
人間と同じで個体差が大きく、まったく食べなくなる子もいるのだそうです。
また、生理の2ヵ月後に疑似妊娠で同じような状態になることがあるということでした。

ん~、どうりでリサの胸がまだ張っていたわけですね。それと、生理前より少しクールな感じになっているのは、発情期だからだったのですね~。
ヒートは20日くらいあったので、今月いっぱいは発情期間ということになります。
疑似妊娠は2月頃‥、ということは疑似妊娠がしっかり終わってから避妊手術ということで、手術の心積もりは3月か4月に予定変更です。

理由が分かり、ホッと胸を撫で下ろしました

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

首輪がメビウスの輪に

IMG_0003.jpg



リサはお散歩が大好きで、私が「お散歩に行こうね」というと興奮します。
首輪をつけようとするともう大興奮して首輪を噛んでしまい、いつもつけるのに時間がかかります。
最近、「じっとして!」というと3秒くらいはじっとしてくれるようになってきたのですが、まだまだ嬉しさのほうが先にたって、我を忘れてしまうようです。
少しずつ首周りの毛も伸びてきて、ますます首輪をつけにくくなってもいました。

夕べもいつものようにはしゃぎまわろうとするリサになんとか首輪をつけてお散歩に行ってきました。
ところが、帰宅して体と足を拭き、首輪を外そうとすると、ワンタッチ式のプラスチックの留め金がどうしても外れません。
なぜだろうと思ってよく見てみると、バンドがねじれて留め金の片側が裏面が表になった状態で差し込まれていたのでした。

首輪を選ぶとき、ふつうの金属の留め金のではリサがじっとしていてくれなくて、つけたり外したりするのが大変だろうと思ってワンタッチのプラスチックの留め金のものにしたのですが、それが裏目に出てしまいました。
留め金はどうやってもピクリともしないので、バンドを緩めてすっぽり抜こうと思ったのですが、リサは帰宅直後も興奮するため、ちっともじっとしていてくれず、不器用な飼い主は間違えて首輪を締め付けてしまいました
なんとかいつもくらいまで緩めるのがやっとで、締められたことでますます暴れるリサにどうしようもなくなって、とうとう首輪をはさみで切って外しました

今日は早速新しい首輪を買いに行きました。
今度はオーソドックスな金具で止めるタイプにしようと思ったのですが、これはと思ったデザインのものを幾つか試してみると、つけた状態にするのは簡単なのですが、どうもちょっと外しにくい。
実際に興奮気味であまりじっとできないリサに使ったらなおさら外しにくくなりそうなので、結局またプラスチックの留め金にしました。
今度は前のものより留め金がやや大きく、しっかりしたものにしました。
デザインは気に入ったのがなかったので、前回同様妥協しました
写真はまだ撮っていないので、しばらくは前の首輪のときの写真になります。

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

光が丘公園

IMG_0033_20081201214301.jpg


29日、リサと光が丘公園に行ってきました。
わりと広い公園で、舎人公園同様大きな木が多かったので、楽しかったです。

IMG_022.jpg

リサは撮影するために私がほんの少し離れただけでおどおどしまくり、こんな写真しか撮れませんでした

IMG_0018.jpg

ふだんの心がけが悪いのか、広い芝生の広場の中央に行ったとたん、激しい天気雨に見舞われ、屋根のある休憩所に駆け込みました。
ちなみにリサと一緒に走ったのはこれが初めてでした。

IMG_0028_20081201214348.jpg
リサの撮影を諦め、しばし紅葉撮影に夢中に(^^ゞ

IMG_0004.jpg

もみじはそんなにはありませんでしたが、鮮やかで綺麗でした。銀杏はもう散り始めていました。

IMG_032.jpg

こんなところをリサとたくさん歩きました。リサと過ごした楽しい週末。近くに緑豊かな公園とか河川敷があったらいいのにな~と思いながら帰途に着きました。

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ



テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

sidetitleプロフィールsidetitle

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。