スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

排水溝掃除のお兄さんにチワワとコノハカメレオンを見せる


今のマンションに住むようになってから、それまで経験の無かったトイレのつまりを経験したり、洗面台とユニットバスを繋ぐ溝が度々溢れたりして、洗面台と浴槽にはパイプクリーナーを定期的に使用していたのですが、浴槽の排水溝がかなりまずい状態になってしまいました。
バキュームカップを使ってみましたが、手ごたえ無し
高そうなので意を決して、業者さんに来てもらいました。

約束に時間に携帯がなりました。「もしもし、○○町まで来ているんですが、電話応対の者が番地までちゃんと聞いていなかったみたいで‥」「いや~、コールセンターの人はそれが仕事で時給をもらってるんですから、そんな基本的なことは外しませんよ‥」と思いつつ番地を伝え、超スローテンポな私がトロ~ッと目印を教えようとしたら、「分かりましたっ!」と携帯を切ってしまったお兄さん。
が、それから5分以上たっても来ません。
○○町はそんなに広くないので、こちらから携帯にかけ直してみると、「今、ドアホンを押してます!」「?」「新しいっぽいマンションでしょ?」
何も聞こえないはずだ。「うちはその隣の2階がガラス張りの事務所のマンションよ~」「‥‥、あ~、はい、分かりましたっ!」
が、やっぱりなかなか来ない。
玄関のドアの覗き窓から見てみると、401号室だと伝えたのに、通路の反対側の403号室のドアホンを押す姿が。
「こっちこっち!」‥。

おいおい、このお兄さん、私と同類っぽいぞ。こんなんで本当に大丈夫なのか~
かな~り不安な気分になりましたが、なんとかつまりは解消しました。
が、このユニットバスは相当古いものだそうで、トイレ、洗面台、浴槽の配水管は床下で繋がっていて、それは年月が経つとぬめりなどでどんどん細くなっていき、そこが何かでつまるようなことがあると、高圧洗浄が必要で、経費もかなりかかるのだとか‥。
私が住んでいる間にそんな日がきませんように
ここに住んで2年、ほとんどシャワーで済ませていましたが、たまにはお湯を張ってその水圧で流した方が良いのだそうです。

さて、前置きが長くなりましたが、このお兄さん、仕事にかかる直前に、「犬を撫でさせてもらっていいですか?」と言うので、私としてもリサが他人様と触れ合う良い機会だと思い、喜んでOKしました。
ついでに自慢の(笑)くまことぽちも見せてあげましたが、こちらは「カメレオンですか?」「ええ、ヒゲコノハカメレオンという種類で、これ以上はあまり大きくならないんですよ。」で終わり
私にとってはカメレオンと暮らすのは犬と暮らすのと同じように自然なことなのですが、う~ん、やっぱり世間の爬虫類への関心はこんなものかな。「うわっ」とか言われなかっただけでもいいか~(笑)

そのお兄さんは仕事が終わってからも3~4分、ずーっとリサを撫でていました。思いっきりリサに集中して和やかな笑顔で撫でるその姿からは私より犬好きであることが感じられ、「疲れたので早く料金を受け取って帰って」オーラが出せなかった私でした(笑)
料金受領後も「自分も犬を飼ってるんですよ~」と言って、玄関でリサを呼んで撫でるお兄さん。

でも、「この子は本当にかわいい顔をしていますね」と言われた飼い主はとたんに元気を取り戻して、5分くらい話し込んでしまいました(笑)
お兄さんはお台場のコジマで出会ったチョコタンのミニチュアダックスの男の子と暮らして6年目、すごく暴れん坊で、仕事から帰っても散歩に連れていかないと暴れまくるのだそうです。

そこで一人暮らしの犬飼いの人に一度聞いてみたかった質問をしてみると、お兄さんもやはり毎晩犬と一緒に寝ているとか(笑)
さらに聞いてみたかった質問、「朝早く起こされませんか?」と突っ込んでみると、「うちは夜中に起こされます。うるさいから一度ベッドから落とすんだけど、いつの間にかまた上がってきて寝てます。」
おお、さすが男同士ですな~。
やっぱり犬のほうが1回の睡眠時間は短いのね(飼い主、納得してこれで満足←笑)。

お兄さん、「この子は鳴かないですね~。」とか、「おとなしいな~、飼いやすいでしょう?」と何度も言っていました。
チョコタン君は鳴くは暴れるわ、すごいのだそうです。
うちはちょっと情けないときがあるくらいビビリ屋さんで非常に困ったちゃんの部分もあるのですが、共通の感想は、「やっぱり癒されますよね~。」

うん、どんな苦労もこの一言に尽きますね




クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

桑の葉大好きリサとコオロギ(笑)

桑の葉のドライハーブ


胃炎や胃潰瘍を起こしやすい私は、先日、急に思い立って、そういった症状に効果があるというリコリスのハーブティーを飲んでみようと、アロマテラピーのショップに行ってみました。
そのとき目に留まったのが、この「桑の葉」のドライハーブ。

何年も前、「桑の葉は健康増進に良い」ということで、爬虫類用にカルシウムと桑の葉の粉末をミックスしたものが売り出され、今でも売られていたっけなぁ。
こういう健康食品的なものは人間と同じで効果がはっきりしないものも多く(効果が即効ではっきり出るようなものは、逆に過剰障害などの副作用も懸念されるわけですが)、使用者は「健康に良いだろう」、「きっと健康に良いのではないか」くらいの感じで使う場合が多いわけですが、もう10年ぐらいは売られ続けているようなので、少なくとも体に悪い影響はないでしょうし、「コオロギに与える野菜の一つとして使ってみようかな」くらいの気持ちで購入してみました。

その日のコオロギの世話のときに、早速コオロギの食事の上にふりかけていると、なんとリサが走ってきて欲しがるではありませんか。
「リサ、これはガムじゃないよ。あまりおいしそうでもないし~。」と言いながら、匂いをかぐだけで食べないだろうと思って少し分けてあげたところ、リサは勢いよくこの乾燥した桑の葉を食べ上げたのでした。

え?何?リサってば、生のフェンネルをドッグフードの上に乗せてあげた時には全部お皿の外に出してしまったというのに??

そこで改めて桑の葉の成分を調べてみると、カルシウムとカリウムがけっこう多く、鉄、マグネシウム、亜鉛、カロチンなども多い、ミネラル豊富なものであることが分かりました。
フラボノイドも含まれています。中性脂肪やコレステロール値を下げたり、肝臓の機能にも良いようです。また、高血圧を正常値に近づけ、適正な血圧を下げてしまうことは無いらしいです。

へ~、桑の葉ってとても体に良さそうな感じですね~。

健康効果が本能的に分かるのか、それとも単に好みの問題なのかは分かりませんが、それ以来桑の葉はリサとコオロギに大好評です(自分が飲むと量がどんどん減るので、私は飲んでいませんが←笑)。

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

暖房冷房暖房(汗)

なんちゃってビリディスなくまこ


温度管理に気を使う季節になりました。

アフリカ大陸の山々に生息するコノハカメレオンは夜間けっこう低温でも大丈夫なはずですが、原産地ほど過酷な状況に晒すこともないので、20度を下回らない程度にエアコンで軽く暖房をかけ(これはチワワのリサの健康のためにも大切です)、朝は部屋に日が差し込む位置の都合上、まず少し温度を上げておいて私→リサ→くまことぽちの食事、その後、私がリサを見ていられない時間である洗顔を先に済ませ、それからエアコンを冷房に切り替えて、くまことぽちとリサの日光浴&私のお化粧タイムです。

日光浴を済ませてから温度を見て一度エアコンを切り、くまこ邸とぽち邸を定位置に戻して自分の身支度を整えてから、その日の天気の具合を考えながら、再度エアコンをつけて日中用の温度を設定して、リサに落ち着いて気持ちを込めて挨拶をしてから、大慌てで家を出ます(笑)
晴れか曇り(雨)か、風が吹いているかなどで変わってくるので、日中の温度を設定するときは短時間ながらとても神経を遣います。

一人暮らしでカメレオンと暮らしていて、一番怖いのが日中の急激な天候の変化です。
個人的には、コノハカメレオンはパンサーやエボシほどには高温に強く無いと思っているので、今の時期は朝から晴れている日以外は、天気が途中から快晴になって室温が上昇することを考慮して、やや低めの温度に設定しています。
真冬になると急に晴れ渡っても寒いので、たぶんヒヤヒヤしないで済むと思います。

リサと暮らすようになってから、すでに夏と冬はエアコンがフル稼働です。自分に関することは節約できても(笑)、小さな家族の健康に関することはケチれません。
とはいえ今度は小さなくまことぽちのために暖房にしたり冷房にしたり、入れたり切ったり(エアコンをつけるとき、2時間分の電力を消費するらしいです)、覚悟はしているものの、正直なところ、ちょっと電気代が怖いです

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

やっぱりぽちはぽちだった

意味不明のタイトルですね(笑)

ヒゲコノハカメレオンのぽちの名前を考えていたとき、「この子はぽちだ」というイメージが浮かんだので、命名しました(笑)

まだヒゲコが生きていたころの出来事です。
みなさんのお食事タイムの後、ふと様子を見ると、ぽちが何も無い空間に向かって立ち上がり、口をパクパクさせていました。
「様子がおかしい!」(コノハさんはある日パタッとお亡くなりになる方が多いらしいです。よく観察していれば予兆があるはずだと思うのだけれど‥)
ギョッとしてこっそり様子を見ていると、それは何かをとても気にしているような動作にも見えました。

そこで小さなぽちのそのまた小さな目線の先を見てみると‥。
なんとぽちはその頃ぽち邸の上に乗せていたヒゲコ邸の床に置いてある食器の中の、ヒゲコがまだ食べていなかったイエコを食べようとがんばっていたのでした

ぽち、一生かかってもそこには届かないよ。
君とヒゲコのご飯の間には、何も無い空間が25センチはあるよ。
君の体長の5~6倍、つまりごはんはう~んと遠い所だし、間に天井と床があるだろう?
いくらまだ若い(ヤングアダルト)からって、空間認識能力が無いのかい?

ぽちがあわあわしているうちに事故でも起こすと困るので、ヒゲコ邸の床を覆ってごはんが見えないようにしました。

ああ、やっぱりこの子はぽちだ。
もうちょっと立派な名前とか、男らしい名前とか、賢そうな名前をつけなくてよかったな~(笑)
名前負けすることは絶対無いから、ただもうすくすくと育っておくれ、ぽち。私にとっては、それだけで十分だからね


昨夜ぽちの写真を撮ってみたのですが‥、ピントが手前の葉だとか後ろの茎だとかに合っていて、見事に全部ボケていました
2日も続けてカメラを突きつけてぽちを脅かしたくないので、今夜は撮影しないで記事だけUPします(^-^;

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

「思わぬ事故」のその後

リサ、しょぼくないってば


リサの毛のしょぼさを目立たせている理由に、今年3月29日に起きてしまった「思わぬ事故」があります。
傷はとうに完治しましたが、一度ハゲてしまった部分はアンダーコートしか生えてこなくなってしまい、耳や顔の側面・首周りのせっかく伸びはじめていたのにむしれて抜けてしまった毛も、事故以来生えてこないようなのです
小学生のころ、友達と喧嘩をしたときに髪の毛を掴んで力いっぱいひっぱられ、けっこう大量の毛が抜けてしまった経験がありますが、髪の毛はすぐにまた生えてきました。
人間の髪の毛より犬の毛のほうがデリケートなんですね。毛がむしれた部分の皮膚の細胞が新陳代謝によって完全に入れ替わるまでは生えてこないのかな?
リサ、ごめんね~。

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

コオロギに関する覚え書き

コオロギのケースを洗剤で洗い、エタノールで拭きあげてから、いつもの仕事帰りに行きやすかった爬虫類ショップとは違う、自宅から行くにはいくらか近いアクアショップでイエコを買ってきました。

帰宅してイエコをケースに移して約5時間半、今のところ1匹も弱った様子は無く、すべて元気いっぱいです。

そのアクアショップには以前一度見に行ったものの、欲しいと思った種類のカメレオンが既に予約済みで、ぽちのご飯だけ買って帰り、成体を買ったことはないのですが、店長さん自ら親切にイエコ事情を教えてくれました
それによると、昨年秋からイエコが品薄になっているそうで(考えられる原因も聞きましたが、「ここだけの話」ということだったので、それについては書きません)、イエコの繁殖業者で廃業したお店もあるとか‥
心配していた、「このバタバタ死ぬイエコのまだなんとか元気でいるものをぽちやくまこにあげても大丈夫なのだろうか?」という疑問についても、店長さんが「今のところ食べさせて問題が起きたというようなことは一度も聞いたことが無いから、大丈夫ですよ。」と教えてくれ、ホッとしました。

私は飼育にブランクがありましたし、リサの世話や自分のブログ、その他自分自身の事情などで精一杯で、その間、最近の爬虫類事情とかコオロギがどうなっているかなんてネットでわざわざ調べることも無く、今まで通り流通して爬虫類業界と飼育者を支えてくれているものだと思い込んで疑いもしなかったので、そんな事情があったとはまったく知りませんでした

小型の爬虫類も相変わらず売られているのに、餌不足だったなんて‥。
なんとか以前のような流通量に回復してもらいたいものです。

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

リサの毛

しょぼい(^^;


チワワを飼おうと決めたとき、頭の中で想像していたのはちっちゃくてポメラニアン風の毛の子犬でした。が、ポメラニアン風の毛のブラックタンのドワーフの子犬はその時は探しても探しても見つからず、結局、体毛が体にピッタリ沿うような毛流れで、しかも薄毛の子犬がなぜかうちの子になりました(笑)

子犬のころのリサはあちこち地肌が見え隠れするようなとってもしょぼい姿でしたが、飼い主は成長するにつれて毛が伸びてくるし、毛量も増えてフサフサするだろうと思っていました。
しかし世の中思ったとおりにはいかないもので、なんとリサは毛量がほとんど増えないまま毛の長さだけが伸び、「しょぼい」から「なんとなくみすぼらしい」チワワに成長しました

み、みすぼらしいかも‥(^^;;



この話を自称「リサのおばあちゃん」(私の母←笑)にしたところ大ウケでしたが、その次からは実家にリサと帰るたびに、「この間テレビを見ていたら、リサにそっくりなしょぼい犬が出ていたわよ。でも顔はリサの方がずっとかわいいよ。その犬はすごくブサイクなのに、飼い主はすごく自慢そうだった。」という話を聞かされます
母が同じ話を何回も繰り返すのはこの犬の話だけなので、別にボケたとかいうわけではなく、「しょぼくてもリサはやっぱりかわいい孫だ。」と、きっと本人(犬)を見るたびに思うのでしょう(笑)

そう、テレビに出ていたという犬の飼い主と同じ。
どんな風に成長しても、うちの子は世界一かわいいんですよね

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

どうして!?コオロギが‥

7月29日にヒゲコノハカメレオンのぽちをうちに迎えてから、彼らのご飯であるコオロギのキープはずっと順調でした。一度、通販で3ミリくらいのイエコを注文したらなんとピンヘッドが届いたのですが、それもキープしているうちにほぼ全て育ってちょうどいい大きさになり、ぽちたちのご飯になりました。
ところが、10月に入った頃から新しく購入したイエコがバタバタ死に始めました。
初めは寒くなってきたせいだと思ったのですが、暑過ぎない程度に加温しても効果が無く、とうとう先週の水曜日に買ったイエコとフタホシ(イエコがSSしかなかったのでフタホシのSを代替に購入)が今朝は2匹しか残らないほどの死亡率に達しました。

水曜日に買ったショップでは、「今S~MLが品薄で‥」と言っていました。ヒゲコノハカメレオンも売られていましたが、器に入った彼らのご飯はデュビア(?)の幼虫でした。コオロギの品薄のためにそちらを使っているのでしょうが、ケージに入っているコノハたちが全員「カレハ」ならぬ「コエダ」体型で、しかも死語で表現すれば「土管体型」というか、ミニチュアダックス体型というか、そろいも揃ってムッチリした小枝状態に見えたのがとても気になります。
カメレオンは身体が平らっぽくなったり、筒っぽくなったりと体型を簡単に変化させることができますが、1つのケージのコノハが全員小枝というのは、たまたまだったのかもしれませんが、違和感を感じました。
私はデュビアは大の苦手なので価格を見たことがありませんが、たぶんコオロギよりはデュビアのほうが高いのではないかと思います。「コオロギが品薄なので与えるコオロギの量をうんと減らす」ではなくデュビアに切り替えたショップの姿勢は良心的だと思いますが、コノハにはやっぱりコオロギの方が良いのでは‥?(デュビアで飼育したことは無いので、あくまで個人的な想像です。)

それにしても、私は過去にも数種のカメレオンの飼育経験がありますが、イエコのキープに苦労したことは無く、こんなに短期間に全滅させたことはありません。コオロギの方に原因があるように思えますが、デュビアはコノハにとってどうなのかというのと、私自身直視したくないし触れないという大問題があります。しかしこんなに早死にするコオロギを与えて大丈夫なのだろうかという不安も感じます。

コオロギのSサイズが必要な子と暮らしている方々はどうなさっているのでしょうか‥。

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

さよならヒゲコ

今朝、いつものように強制給餌をしようとヒゲコをそっと手に取ろうとしたところ、なぜか右足だけなかなか小枝を離そうとしません。手に取る前の見た目の様子は、いつもと特に変わず相変わらずいつ死んでもおかしくないような危ない感じにしか見えなかったので(この状態のまま1ヶ月経っていました)、怪訝に思いながらもそーっと足を外したとしたときでした。突然ヒゲコが舌を長く発射してしまいました。
これはもうだめだと思いましたが、急いで手の中のヒゲコの舌に流れない程度の水を掛けて乾かないようにして、舌をまっすぐ口の中に戻そうとしましたが、太い部分は戻りきれませんでした。
あとはどうしてあげようもなく、ヒゲコは少し身動きした後、私の手の中でそのまま息を引き取りました。

時間が無かったのでヒゲコを数枚重ねたティッシュの上に置いて仕事に行きました。
帰宅して、全身明るいベージュでお腹だけ点々と少しだけ黒くなったヒゲコの亡骸を見ていたら、涙が出てきました。
強制給餌をしても、後で隠れたり私を避けたりせずに高い場所にいることの多かったヒゲコは、もし丈夫な身体に生まれていたらけっこう気が強かったんじゃないかと思います。

とても悲しいです。
だけど、ヒゲコは今、きっととっても楽な状態になったんだよね。
ずっとがんばって生きてきてくれたけど、それは同時にすごく辛いことでもあったはずだものね。

とても寂しいです。
くまこやぽちがいるのにね。
でも、ヒゲコはヒゲコ。
爬虫類だって、それぞれの個性があります。
誰も他の子の代わりにはなれません。

ヒゲコ、ありがとう。
うちに来てくれてありがとう。
次は丈夫な身体で生まれてきて、人に捕まることなく野性のままで長生きできるよう、祈っているからね。


クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

ムカついている犬の表情

ふ~ん、リサそんな顔したっけ?


うちにコノハカメレオンのぽちが来た当初、リサはぽちのことがそれはそれは気になってたまりませんでした(笑)
ぽちに日光浴してもらうとき、そのころは平日の朝は窓を開け、リサが上がれないベッドの上にぽち邸を置けばよく、休みの日はゆっくり起きるので、よく日が差し込む床にぽち邸を置きました。そんなときのリサは「何?これ何?」という感じで隙あらばぽち邸に近寄って鼻をくっつけて匂いを嗅ぎたがったので、そのたびに近づいてはいけないと教えていました。

小さなぽちにとっては巨大な肉食獣(雑食ですが)が近づいてくるだけでも恐怖でしょうし、クンクンされたら生きた心地がしないことでしょう。しかも、私が止める暇も無く、リサがあっという間に一口でぽちを飲み込んでしまう可能性だってまったく無いとはいえません
そんなわけで、かわいそうですがリサの好奇心を満たしてあげることはできず、しつこく確認したがるリサに、私は「いけない」と言い続けていました。

そんなある日、あまりのリサのしつこさに、ついいつもよりずっと厳しい調子で「リサ、いけない!」と言った時に、振り向いて私をじっと見たときのリサの表情。
私は犬がムカついているときの顔というのを生まれて初めて見ました
いつもはかわいいリサの顔が一変し、他の言葉がまったく当てはまらないくらいはっきりしたその表情と目つきに驚かされました。

同時に、「私がカメレオンを連れてこなければ、リサにこんな表情をさせずにすんだのに」と、リサに少し申し訳なく思いました。
でも、他の生き物(カメレオン)と同居している以上、リサに「我が家の決まり」を教えないわけにはいきません。
根気強く教えた結果、今ではリサは我が家の決まりに従ってくれています。

思えばリサが私に対してこんなに明確に不快を示したのは、生後7ヶ月のころ、リサが口にした小さなビニールのお菓子の包み紙を取り上げたとき以来でした。
リサがなるべくいつもかわいい表情でいてくれるように、これからも大事にしてあげたいと改めて心に思いました

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

日光浴


天気の良い朝はコノハカメレオンたちに日光浴してもらっています。
リサがいるので私の目が行き届く場所ということで、窓を開けて室内に差し込む光に彼らの家ごと移動させています。

今の季節だと、ちょうどメインで使っている小型テーブルの横の床に陽が当たります。
私がリサに注意しながら(もう彼らや彼らの家に触れてはいけないことは理解してはいますが、もしもということがあるので)、「時間が無い~」と慌てて出勤前のメークをしている間、コノハカメレオンたちはのんびり日光浴です(笑)

天気によってその日の床の温度が違ってくるので、窓を開けていますが暑ければ冷房を、寒ければ暖房を入れます。短い時間で日差しが移動していくので、それに合わせて彼らも家ごと移動します。

日光浴の時間は、はじめのうちはおよそ15分くらいにしていました。
最初は怖がってレイアウトしてある葉の影に隠れようとしたり、端まで行って壁をカリカリすることもありましたが、くまこが私を怖がらなくなってきたころから、みんな「お、日光浴か」という感じで(?←笑)、じっと陽に当たるようになりました。
それからは本人たちが移動し始めるまでを目安に当てています。
ヒゲコは弱いためか、たいてい5~6分で移動して日光浴終了となります。
ぽちは10分~15分の場合が多いです。
くまこは25分経っても当たっていますが、小さいので、このくらいにしておいた方が良いかなと思い、だいたい20分くらいにしています。

朝の忙しい時間の中で、日光浴をする3頭とその側で自分も日に当たっているリサの姿は、小さなしあわせを私に感じさせてくれます
でも、そこでちょっと気分がリラックスしてしまうせいでしょうか、早起きしているのに、家を出るのはなぜかいつも時間ギリギリに
家を出てからは電車に遅れまいと走るように歩く羽目になってしまいます

ブログを書いてから気付いたのですが、写真があと1枚しかありませんでした。それも今までと似たようなくまこの写真
黒くて大きな(一眼レフではありませんが)私のカメラはカメレオン受けが悪いので(笑)、なるべく余計なストレスを与えたくないと思ってあまり撮っていなかったのでした。
この理由により、これからも写真の無いブログが時々あるかと思いますが、ご了承ください( ̄∇ ̄*)ゞ

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

リサとカメレオンとの高さの関係

私も高いところに行く~



ヒゲコノハカメレオンのくまこは頭が良く、うちに来てかなり早い段階から私に害意が無いことに気付き私が間近から見ても怖がらず、世話のためにくまこ邸に手を突っ込んでガサガサやっても逃げたり隠れたりしなくなりました。それでも最初はたぶんリサのことは怖かったのではないかと思います。しかし今では、うちのコノハたちはリサを怖がっているどころか、何かちょっと勘違いしているのではないかと思う節があります(笑)

ここ1週間ほど、毎日やたら熱心にリサが私のベッドに上がりたがるのです。
私のベッドはシングルベッドですが、通常想像するタイプよりは高さがあり、リサは自分で飛び乗ることができません。そしてここ一週間より以前は、私が一休みしたくて、かまって欲しがるリサと一緒にベッドに上がって横になってかまってあげていても、しばらくすると自分から下りていたのです。
なのになぜか今は私が下ろすまで下りようとしません。
しかも1日に何回もベッドに上りたがります。

ベッドに上がるとリサはくまこたちと同じくらいの高さになります。

ねえ、くまこ、もしかしてこのところぽちに言ってない?
「大丈夫よ。だってあの獣(リサ)はでかいけど、私たちに近づくとばあや(私←笑)が追い払ってるわよ。それに見てごらんなさい、地べたで生活してるじゃない。」って

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

それでもがんばれ、ヒゲコ

ずーっとこんな感じのままのヒゲコ


カメレオンはなんらかの原因で体調が悪くなると、拒食することが多いです。
何日食べずに生存できるかは体調を落とした原因にもよるので一概には言えませんが、昔は「大型の種類では1ヶ月以上食べずに生きていられる個体もいるらしい。中型の種類なら7~10日、小型の種類だと数日で死んだりするらしい。」などと言われていました。

もちろん具合がある程度悪くなってもまだ食べることができる場合もありますが、食べていてもいなくても、元気な時ならボール状に張り出ている目がしぼみ、頬がこけ、アバラと腰骨が浮き出てきたら、外見上は怪我や病気の兆候が見当たらなくても、なんらかの理由で非常に状態が悪いことは確かです。飼育環境が適合しなくて死に至る場合もあります。また孵化したものの育ちきれない子というのも存在します。特に産卵数の多い種類などでは、最後の方の卵は最初の卵より質が落ちると聞いた事があります。

このような状態から持ち直せるかはその原因にも因りますし、ケースバイケースですが、爬虫類の医療は犬猫の医療ほどには進んでいないこと、状態が悪くなってからわずか数日で死んでしまう場合も多いなど、難しい面があります。

どう見ても育ちきれそうに無いヒゲコがうちに来て2ヶ月、自分で捕食したのはほんの数回だけ。それからは間隔を間違えないように記録をつけていますが、1ヶ月くらい前から上記のような外見になってしまい、完全に強制給餌だけの生活です
強制給餌は以前より少し早起きして身体が暖まった頃に行っています。何しろ小さいので、口や顎を痛めないよう、非常に神経を遣います。

小型のコノハカメレオンがこの状態でこんなに長期間生きていられるとは思ってもいませんでした。
いつ死んでもおかしくない状況なので、毎日朝起きたとき、帰宅して出迎えてくれたリサへの挨拶が済んですぐ、寝る前、その他時間のあるときは幾度と無く、おどかさないように遠くからそーっと、ヒゲコがまだ生きているか確認する癖がついてしまいました。
最初から長生きできないだろうということが誰の目にも明らかな感じだったヒゲコですが、できる限りがんばってほしい、できることなら持ち直してほしいと祈るような気持ちでした。

でも、奇跡は起きないことを思い知らされました。
よく見やすいようにと、深く考えずにいつからかぽち邸の上にヒゲコ邸を重ねていました。
そしてこのブログでカメレオンの上下の位置関係について書いていたときに気がつきました。
レイアウトした枝の一番上にいるヒゲコが誰にも下りろと言われていないことに(涙)

カメレオンが争う相手(カメレオン)は自分が生き延びるためのライバルです。死にゆくものに対してはこの掟を適用する必要が無いのです。
人間には判断がつかなくても、体調の悪い子が助かるか助からないかは他の子の態度から判断することができるのです(あくまで私個人の飼育経験からです)。

だけど、それでもヒゲコにがんばって欲しいと願わずにはいられません。

ずっとずっと大事にするから。
ヒゲコ、死に負けないで!
目を開けて。
また自分でご飯を食べてよ。

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村


テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

私がヒゲコノハカメレオンを単独飼育する理由

くまこ いつもこんなきれいな柄ではありません(^^ゞ


カメレオンはすべて単独で暮らしています。木の枝に住んでいますが1箇所に定住するわけではないので、時々カメレオン同士がでくわしたりするわけです。そういうときは圧倒的に強弱の差がある場合か片方に戦意が無い場合(強い方が弱いものを乗り越えて移動したりして終わります)以外はまず威嚇し合い、それでも決着がつかなければ攻撃(噛む)になります。その結果、勝ったものが上の方に、負けたものは下のほうに行きます。
カメレオンのこの攻撃性は種類によって多少異なり、攻撃性の高い種類もいれば、比較的大事にならずに済む種類もいます。

野生では一度距離が離れてしまえばお互い定住しないわけですから、どんどん離れていって2度と同じ個体同士が会わない(もしくはたまたままた出会っても離れて行ける)ことも多いと想像できます。
しかし飼育下では複数の個体を同じケージに入れた場合、逃げ場が無いので上下関係のようなものが出来上がってしまいます。犬と同じように力が互角であれば小競り合いを繰り返し、圧倒的な差がある場合、最下位のものは上位のものにどんどん下に追いやられ、食事もするなと脅され(これは根気良く観察しないと見逃しやすいです)、ストレスで死んでしまうこともあります。そのため、ペアリング時以外は通常個別に飼います。
ただし1つのケージ内にある程度以上の数で入れられると、今度は逆に闘争心が薄くなります。込み合いすぎて争うどころではなく、その分精神的ストレスも大きくなるようです。

最近は少ないですがショップによってはスペースの都合上、複数でケージに入っている場合があります。また飼育者の事情で同じケージで複数飼育されることもあります。

ヒゲコノハカメレオンの場合、乗り越えで終わる場合が多く見過ごしがちですが、よ観察していると噛み合う場合があります。小さくて力自体が強くは無いので噛み付いても大事には至らないようですが、決して攻撃性の低い種類とは言えないと思います。上下関係の掟もはっきりしています。
しかしかなり小さい種類なので、 ショップでも、迎え入れた各家庭でも、たいてい一つのケージに集団で入れています。そのほうが単独で飼うより見栄えもずっと良いのです。

ヒゲコノハカメレオンのそうした習性を知りながらも、私も最初はつい見栄えを優先してしまい、複数で飼いたいと思い、とてつもなく大きな(一応、ちょっぴり習性を考慮したつもり←笑)ケージを一つ用意していました。

ところが、お子ちゃまでもやはりカメレオンはカメレオンでした。
ぽち1頭だったときは良かったのですが、くまことヒゲコを同居させていくらも経たないうちに、くまこがごはんを食べようとしていたヒゲコに向かって「そのご飯は私のだ。お前は食べるな~」、ぽちに「お前はもっと下がれ~」と迫力で脅しあげているのを目撃してしまいました。
余談ですが、実は「くまこ」の名前はこのときのイメージで命名しました(笑)
仕方がないのでくまこを別格(別居)にすると、今度はヒゲコがぽちに「お前あっち(下に)いけ~」と脅しているところに遭遇してしまいました。
どう見ても弱々しいヒゲコにも負けるぽちって‥

そういうわけで、ちいさなヒゲコノハカメレオンがわらわらとかわいらしく住む夢のような光景は空想で楽しむだけで終わってしまい、今は3頭ともそれぞれ安い一戸建てに住んでいます(笑)

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

どうか忘れてください‥‥、あのガムのことは(^^;

ぜったいにわすれません


仕事から帰宅して必要なことを済ませて残るほんのわずかな時間は、ほとんどリサのお遊びタイムのお付き合いで消えていきます。毎日長時間お留守番をさせているので、少しでも長くリサとスキンシップを図りたいからです。でも、「たまには平日の夜もPCを使いたい‥」、そう思って私のPCタイムにはかまってほしがるリサに、食べるのに少し時間のかかるカロリーの低い馬のアキレス腱をあげることにしました。

しかーし、犬に一度おやつをあげると、「PCのときだけね」なんて言っても通じませんね(苦笑)
リサに毎晩熱心にねだられて、心を鬼にしてアキレス腱はPCタイムだけの特別なものだと教え込めなかった飼い主は、夕食の後、歯磨き代わりに毎晩リサにアキレス腱をあげることになったのでした

しかも気がついてみたら、いつの間にか我が家では毎晩低カロリーの植物性歯磨きガムと馬のアキレス腱と七面鳥のアキレス腱をあげるという規則ができあがっていたのでした

毎晩3種類のデザートを食べ続けること半年、どうやらリサは馬のアキレス腱に飽きてきたようで、半分くらい食べて一息入れることが多くなってきました。
そこである日、コジマの犬のおやつコーナーの前で飼い主は考えました。「このけっこうお高い馬のアキレス腱を止めて、他のもう少しリーズナブルなガムに替えてみようか‥」と。

その考えを実行した結果、今は毎晩苺味のガムを食べた後、リサに「ママ、馬のアキレス腱ちょーだい」と言われて、ごまかすのに四苦八苦しています
半分飽きてたくせに~(苦笑)

「アレの替わりにコレ」というのは人間の発想であって、犬にとっては「アレとコレは別」なんですね(苦笑)
頼むリサ、「デザートは3つ」と覚えてくれ~なんて思っても、そううまくはいきません。
リサの要求はごもっともですが(笑)、さすがにデザートをを4種類にするのもどうかと思うので、「もう無い」(無いの意味は分かります)でなんとか通そうとしていますが、リサがしつこく食い下がって要求してくるので、ごまかし通すために、毎晩必死でリサと遊びまくっている飼い主でした(^-^;

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

ヒゲコノハカメレオンがうちの家族に加わりました

うちのかわいいくまこでーす

ヒゲちゃん

1枚目は8月21日にうちに来た女の子、「くまこ」です(笑)
頭が良くて比較的落ち着いていてしっかり者です。無駄に慌てません。先住のぽちをさしおいて、一番に「自分の置かれている状況にとりあえず身の危険は無いようだ」と判断しました(笑)
やや大きめのベビーで来ましたが、1回脱皮してヤングアダルトサイズになりました。
一番状態が良いです。

2枚目はくまこと一緒に来た「ヒゲコ」です(安易←笑)
実は7月に入荷したらしいヒゲコノハたちの中で、ベビーサイズだったためか2頭で売れ残っており、しかもヒゲコは誰が見ても一目瞭然の「長生きできなさそうなとても弱々しい個体」で、ショップの人がくまこを買うなら値引きしますと言って1匹で2匹分の値段にしてくれ、我が家に来ました。ヒゲコは実質上オマケですね。1匹で残っても絶対に誰も買わないだろうし、ヒゲコを店舗で飼育することは経営上マイナスにしかならないので、店長さんが値引きOKにしてくれたようです。
私も助ける自信はまったくありませんが、「貰わずに帰ってショップに残った場合、ヒゲコの扱いはどうなる可能性があるだろうか」としばし考えてから、連れて帰りました。少しでも長生きしてほしいです。
撮影時はカメラを突きつけられたせいか目を開けましたが、ふだんはほとんど目を閉じています
ごくごくたまにしか自分で捕食せず、うちに来てから3日に1度くらいの割合(記録をつけています)でほとんど強制給餌です。もちろん、自分で食べたときは強制給餌はしません。
まったく成長していません。
が、来た当時、ぽちより上位になったところを見ると、気は強いのかもしれません。

これしかないぽちの写真(^^ゞ

上がくまこで下がぽち。
ぽちは7月29日に最初に購入したヤングアダルトの男の子です。
撮影中に一緒にしただけで、ふだんはそれぞれ安い一戸建てに暮らしています(笑)
ぽちは頭が悪いです。でも、うちの子なのでかわいいです
状態もベストという感じではなかったのですが(目は窪んでいなかったけれど、頬はややこけていました。これはワイルドコートのカメレオンの場合、体内にある種の問題があって長生きできないという可能性を秘めています)、コノハさんと暮らしてみたいと思っていたので、くまこたちとは別のお店(その時点では都内ではここにしか売っていないと思っていました)のラスト3頭から選びました。

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

リサの近況



写真はせっかく撮影したのでストックから使っています(^^ゞ

リサは明日で生後1年半になります。
体重は1.65㎏、相変わらず元気いっぱいです。
犬も成犬になれば子犬の頃とは変わるのかと思っていましたが、頭の中は子犬のままのようです(笑)
一人暮らしで働いているため、どうしてもリサの社会経験が不足しがちなことも大きな理由だと思いますが(_ _)

リサと私の生活での一番大きな変化は、今は毎晩リサと一緒に寝ていることです。
私と一緒に寝たいとあまりにせがむので、シングルベッドで一緒に寝るのは狭くて無理だと身を持って経験させて納得させようとしたら、逆に可能であることが立証されてしまい、そのまま現在に至っています
でも、夜中に寝返りを打ったときなどにふと温もりを感じることのできる生活って、とても癒されます
これからもこの穏やかな日々がなるべく長く続くといいなぁ。

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

こっそり復活しました

ずいぶん長いこと間が空いてしまいました。
リサの避妊手術の後、ちょっとトライしてみたいことがあって下準備をしていたのですが、実行直前になって不況の影響を受け、いろいろと変化がありました。まったく、人生なんて思ったとおりにいかないものですね~。
もともと貧乏なリサの飼い主がさらに貧乏になったことは確かなのですが‥、なぜか小さな家族が増えていたりして(笑)
しかも犬じゃなかったりして(大汗)

就業時間が変わったため、ほとんど週末更新になるかと思いますが、記録を兼ねて私と大切な小さな家族との生活をこれからもマイペースで綴っていこうと思います。

タイトルとブログの説明は今も同じ気持ちですが、犬好きだけれど、爬虫類は苦手な方、不愉快でしたらごめんなさいね~
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。