スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

備忘録

サメでーす、ボロボロでーす

リサの体臭ですが、迎えた日はかなりきつい臭いにびっくりしましたが、3日目ぐらいから急速に薄らいでいき、6月下旬には「たぶんふつうの子犬のにおいってこんな感じなんだろうな」と思える程度になりました。7月上旬にフードをラム&ライスに変えてからはさらに体臭が薄くなり、今は私的にはほとんど気にならなくなりました。まだ外に出ていないせいもあるのでしょうが、6月に2回、7月に1回、水を使わずに拭き取るタイプの用ボディシャンプーで拭いた程度で済んでいます。

フードといえば、アレルギーのためかボサボサしていてまったくツヤの無かった毛並みが、ラム&ライスに変えてしばらくするとツヤツヤになりました。
毛の量は相変わらず少なく、顔の向きを変えると首にどんな皺が寄るのかがはっきり分かります。首の横もブラックタンなのに、黒とか茶色ではなく白(地肌の色が丸見え)です。体を丸めているときに首の辺りだけ見ると、なぜかチャイニーズ・クレステッドドッグよりもスフィンクス(猫の種類)の姿が思い浮かびます
でも、これが私にとってはスタンダードなかわいいリサであり、ふつうのロングコートチワワしているリサの姿なんて、今はまだまったく想像が付きません(笑)

おもちゃの使用状況ですが、ゴム製のものはずっと前に私が最後にまとめておいたサークルの片隅から1ミリも移動していません
ロープのおもちゃは2度とひっぱりっこに使われることはありませんでしたが、時々咥えて歩いているところが目撃されています(笑)
ハムスターのかじり木はハイの初期段階では甘噛み対策に有効です。本当は私を噛みたくてしょうがないのだけれど、一生懸命我慢してかじり木をかじっています。眠くなってくるとそれで収まるのですが、そうでない場合はだんだん我慢ができなくなることが多いです。その後はしつけという名の根気比べに入ります
サメのぬいぐるみは一番利用頻度が高く、気が向けばロープの部分でひっぱりっこしてくれますし、咥えて歩いてみたり、ハイになるとサメがちょっぴりかわいそうなくらい振り回しています。

ドアホンの音に関しては、現在までに私がいるときに2回宅急便などが来ましたが、リサは吠えませんでした。ずっとこの調子でいってくれるといいなぁと願っています。

私が座布団に座ってだらしなく足を伸ばしていると、時々、マウンティングしようとするので、膝を立てて交わしています(ますます行儀が悪くなる←笑)。子犬のマウンティングの意味については「単に遊んでいるだけ」と「上下関係を決める行為の表れ」という説があるようですね。
私は一応まず自分が食事をしてからリサのごはんにしていますが、おそらくそれをしなくても、いくら子犬でも自分を軽々と持ち上げて高所(子犬にとっては)でキープできるような相手を自分より下位だとみなす子はいないのではないかという気がします(笑)
それにリサは私にお腹を見せることにまったく抵抗が無いようです。
無意識にとか本能的に上下関係を逆転させようとしているようにはとうてい思えませんが、では単に遊んでいるだけかどうかというと、さっぱり分かりません。どちらの説が正しいのか、それとも他に理由があるのか、謎の行為ですね~。



クリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。