スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家へ 1

リサ0006


土曜日はリサと一緒に実家に日帰りしてきました。

リサを入れるバッグについては買い換えるかどうかさんざん悩みましたが、ショップで実際に持ってみると、リサを入れる前に既に私には重すぎるものばかりなので、とりあえず今持っている軽めのキャリーバッグで行きました。
先月測定したとき2.3㎏だったリサは犬としては軽いわけですが、それでもバッグに入れて肩にかけると私にとってはずっしり重く感じられてきつかったです
そんなわけで、550gのカメラまで持つ気にはなれず、リサがちっともじっとしていなかったので携帯のカメラの写真はブレてしまい、実家での写真はありません

実家までは電車を2回乗り換えて片道50分ほど、この間リサが鳴き続けるのではないかと非常に心配でしたが、2回目の乗り換え後の路線での急行の通過待ちで電車が長めに止まるまではほとんど鳴かず、ホッとしました。
ただし、急行の通過待ちでは周りの人の視線が集まるくらいキュンキュン鳴かれて恥ずかしかったです
それから歩いているときも時々情けない声をあげるので困りました。安定が悪いからなのでしょうけれど、私の万年肩こりのへなちょこ筋肉ではバッグの揺れまで気を遣う余裕は無いので、リサに慣れて(諦めて?)もらうしかありません。

今回の帰省では、実家のすぐ近くにある比較的大きな公園をリサとお散歩するのがとても楽しみでした。
実家に着いて母とケーキを食べながら一息ついてから、早速母と私とリサで公園に行きました。青空が広がる気持ちの良いお天気だったのでたくさんの人がいて、初めはおっかなびっくりのリサでしたが、芝生の上を歩いたりするうちにすぐに楽しそうになりました。
私は自分の家の近所のスーパーでは売っていないSサイズの安いストッキングを実家近くのスーパーで帰りに買うつもりでいたのですが、母が散歩の途中で「リサを散歩させているから行っておいで」というので、途中で母にリードを預けました。20分程だったでしょうか、公園に戻るとなかなか2人を見つけられません。ちょっぴり焦りながらぐるぐる探していると、かなり早足で移動する2人をようやく発見。なるほど、このスピードでは見つけにくかったわけです(笑)
しかも全然違和感が無いし(爆)
「やっぱりリサは私でなくてもいいんだな~」とちょっぴりショックを受けた私に、「そんなことは無いわよ。リサはちゃんとあなたを飼い主として見ているわよ。あなたがトイレに入っている間中、ずっとトイレを見つめて出てくるのを待ってたわよ。」と慰めてくれた母。しかし、リサは母がトイレに入ったときも、やはりトイレを見つめて待っていたのでした。
ああ~、私がこんなに愛しているのに、やっぱりリサってそういうヤツなんだな、誰でもい~んだな(笑)

土曜日はとても楽しく過ごしましたが、昨日はお散歩の後、私もリサも疲れが出て、それからはおとなしく過ごしました。
これはしばらくは連休のときでないと帰れそうもありません(苦笑)

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

キャリーバッグ、軽いものは安定性が悪いんですよねー。
中に入っている犬の足がヘンな風に曲がりそうで怖くて、私は長距離移動できません。
かといって、プラスチックのものは持ちにくいし・・・
軽くて、持ちやすくて、中の犬も快適なキャリーを開発して欲しい。。。

もりーさん、ほんと、人にも犬にも優しいキャリーを作ってほしいですねっ!!
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。