スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家で 2

IMG_0012.jpg

たまにはこんなときも



実家に行くときにちょっぴり心配していたことが2つありました。
一つは移動中のリサの鳴き声。
そしてもう一つは食事。
私が食事をするとき、リサがいくら欲しがっても、テーブルなのでリサには届きませんでした。
しかし実家ではお膳なので、リサでも食卓に簡単に届いてしまうのです。

私は事前にリサの食事は持っていくので用意しないでいいことと、人間用に調理した物は犬には塩分などが強すぎて体に悪いということを伝えておきました。
それでも母はリサのために「鳥のささみフード」というペットフードを用意してくれていました。最初に鶏肉アレルギーのことを伝えておけば良かったのに、母に悪いことをしてしまいました。そのフードは、母がいつも餌をあげている公園の鴨たちのものになりました。

最初にケーキを食べるときはリサをリードで家具に繋いでおいて、その日2回目のフードをあげましたが、夕食のときは思い切って繋がずに様子を見ました。
いつもはリサの食事は私の後ですが、空腹のところに手の届く高さの食卓ではまずいだろうと思い、
今回は同時にしました。あっという間にフードを食べ終わってこちらに来たリサはドレッシングをかける前のレタスをもらいました。しかし1枚で飽きたようでその後は盛んにお膳に手をかけましたが、やはり人の家では気分が違うのか思ったほど激しい様子ではありませんでした。私がダメといってリサの手を払ったり、母はリサを払わずに自分のお皿を上に持ち上げて防ぎ、心配していた「食卓乱入」というような騒ぎにはなりませんでした。リサがだんだん母の家に慣れてきてからのほうが気をつけないといけないかもしれません。

慣れるといえば、初めはリードを外しても用心深く母と私の膝の上を行き来するだけのリサでしたが、6時間ほどかけて少しずつ慎重に行動半径を伸ばし、居間と仕切りが無く続いているキッチンまでは行けるようになりました。しかし、他の部屋に一人で行こうとすることはありませんでした。母が行っても、リサは途中までついていって引き返していました。
私のうちにきたときも、最初の数日は部屋の中の一番広々としたゾーンには決して行こうとしませんでした。かなり慎重派ですね(笑)

そして神経質でもあるようです。ペットシーツを持って行ったのに、2回食事をして水も良く飲んだのに、トイレのそぶりさえ見せず、うちに帰ってから出しました(笑)
十年以上前、叔父がミニチュアダックスのペアを連れて遊びに来たとき、その子たちは持参のペットシーツを使ってうちで用を足したので、リサもそうできるだろうと思い込んでいたのですが、そういうのも個性によるのですね~。ちょっとびっくり。
リサは何回目から出せるようになるかな~(笑)

犬をいろいろ知っている母は、リサのことを「頭が良くてかなりマイペース。1年も経てばかなり利巧になるよ。」と言っていました。
犬と触れ合うのはリサが生まれて初めての私も、前半部分については同意見です(親ばか要素あり←笑)。1年後、リサがどんな風になるかまでは想像がつきませんし、それは私次第の部分もあると思いますが、犬好きの母の言葉に、大人になったときのリサがとても楽しみに思えてきました♪

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは!
ご実家へいってらしたのですね~
ご自宅との往復が大変そうですね。

お母飯はリサちゃんに会ったことはありませんが、もう約25年ほど犬との生活をしてきた私。
記事を読んでいると私もリサちゃんはとてもお利口な子だと思いますよ~!

そしてわかりにくいかもしれませんが、
他の誰でもなく、Junさんと入れて嬉しく思ってるはずですよ^^

リサちゃん、少しずついろんなことを学んでいるんですねー。
見るからに頭よさそうですよ。
うちのノーテンキな犬とは大違いだわ・・・

ミツルリのお母飯は25年も犬と暮らしているのですか~。大ベテランなんですね!
そのお母飯にお利口と言ってもらえるなんて、もう親ばか爆発しそうです~(笑)
まだまだ犬の表現の仕方を汲み取るのが下手ですが、リサがそう思ってくれていたら嬉しいです♪

もりーさん、リサにはもっともっといろいろ学んでもらわないと(鬼←笑)
チョキさんもマイペースなだけではないでしょうか。リサもチョキさんのように味わいがあるといいんですが。
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。