スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目のワクチン注射

ちょっと暗いですが、アップが撮れたので(^^ゞ

7月14日にリサのワクチン注射に行きました。
ちょうど生後3ヶ月目のこの日、リサの体重は1050gでした。

ブリーダーさんのところでの最初のワクチン注射は6月6日のことで、8種でした。前回、痒みのことで獣医さんに行く前までは、あと1回の注射でお散歩に行けるようになるのだろうと軽く考えていましたが、そんなに簡単にはいきませんでした。

「地方に旅行されたりしますか?」
ワクチンの種類は最高で9種、前回の8種には含まれていない9種目のウイルスは、都内では地方に行って感染した子が発症する程度だそうですが、地方に行けば淀んだ水のある場所などによくいるということでした。
そして、8種のワクチンならあと1回打てば済むそうですが、9種だとあと2回打たないと抗体ができないと言われたのです。

ワクチンを打てば100%大丈夫かというとそうとは限らず、まあ8種でも大丈夫な子は大丈夫、でも9種目のウイルスで死ぬ子もいる、ワクチンの数が増えれば副作用の危険性も上がるので、飼い主の選択に任せるとのことでした。
になってから9種のワクチンに移行することもできるようですが、飼い主にとって少し面倒なことになるらしく、今のうちに選択することを勧められました。

あと2回だとリサのお散歩デビューは生後4ヵ月半頃、の成長は早いのに社会化の始まりがずいぶん遅れてしまいます
それまでは地面につけずに抱いて連れ出すしかありませんが、うちにきて1週間と経たないうちに、リサの有り余るエネルギーにお散歩の必要性をひしひしと感じているのに、そんなに長く待たなければならないなんて…。それに抱いているのと実際に自分で歩き、いろいろなものに触れるのとでは全然違う気もするし…。
副作用(稀に死に至るケースがあるとのこと)のこともあり、悩みに悩みました。
私は一度はリサと旅行に行ってみたいと思っています。とはいえそんなに旅行好きではないので、何回も行くことはたぶんないと思います。
今は散歩中の子犬が蹴り殺されたりする恐ろしい世の中ですから、リサが何かで命を失う可能性はいくらでも考えられます。
私の気持ちはほとんど「8種にして今月下旬にお散歩デビュー」に傾きました。

が、いつかもしワクチンを8種にしたために、残る1種の病気にかかってリサが死んでしまったら…?

心配性の飼い主は、結局、「9種のワクチン、社会化大幅遅れ」を選びました

心配性の飼い主は、さらにワクチン注射をするときに、リサが鳴いたり暴れたり、また、を痛い目に遭わせるときに飼い主が側にいては後にとの関係が悪くならないのだろうかと密かに悩んでいたのですが、実際にはあっという間に注射は終わり、リサは鳴かないどころか動きもしませんでした。
うちに帰って「よくがんばったね」と、心から褒めてあげました。
その後、リサとの関係に変化は表れず、ホッとしました。

副作用は、注射後1時間をピークに顔がほんの微妙に腫れ、獣医さんに電話したところ、「引き続き様子を見て、腫れがひどくなったり異常があればまた電話してください」と言われ、ドキドキしながら様子を見守りましたが、本人はいたって機嫌が良く、こちらがハラハラするくらい元気で、大丈夫でした(^^)



チクンに耐えたリサにクリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 犬ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : ペットの健康・病気・怪我
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

リサちゃんお注射がんばりましたね~
見上げる姿がかわいいです^^
お散歩も最初のうちは外の空気や音などになれさせないといけないので抱っこが好ましいですし、しばらくだっこで絆を深めてくださいね~!

それにしても子犬を蹴り殺す人がいるのですか!?怖い世の中・・・というよりその人間、本当にこの世にいてはいけない人ですね。
強い憤りを感じます。

ワクチンのこと、
いろいろ心配ですよね。
我が家は今まで病院の勧めで5種でしたが、
市内で5種に対応できないウイルスが見つかったので8種に切り替えました。
アレルギーもなく一安心です。
(実家の方では8種だったので8種が当たり前かと思っていました。地域によってあるんですね~)



リンクのお申し出、ありがとうございました!
ミツルリにてリンクさせていただきました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします^^☆

ミツルリのお母飯、リンクありがとうございました♪
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします(^o^)

ワクチン、地域によってずいぶん違うものなんですね~。びっくりしました。
お散歩ですが、今は抱っこして外の世界を見せています。リサは好奇心旺盛で下りたがって大変です(^^ゞ

蹴り殺された子犬の記事はこちらです。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2008/07/16/05.html
何もしていないのにいきなりひどい殺され方をしたチワワちゃんと、飼い主の方の気持ちを考えると胸が痛みます。

こんばんは~。遊びにきました^^
リサちゃんつぶらな瞳ですごく可愛いですね。

飼い主さんは心配性なくらいが調度いいと思います^^私もかなりです。(笑)
うちは最初8種でしたが引っ越した先の病院では5種で十分ですよと言われて
ここ数年間ずっと5種でした。この春からまた違う病院に変わったんですけど、
そこの先生と相談して8種を打ってもらいました。
リサちゃんお注射がんばったんですね^^
きっとJunさんが傍にいてくれて心強かったと思いますよ。
ではまた遊びにきますね^^

マルコさん、こんばんは!
来ていただけてとても嬉しいです(^^)

ワクチンの種類が少なくて済むと愛犬への負担が少なさそうでいいと思うのですが、もし自分の子が数が少なかったために対応し切れなかった運の悪い子第一号になったり、たまたま地方で感染してきてしまった子と接触してもらってしまったら…等、考えると心配が尽きないですよね。
心配性の私ですが、マルコさんの「心配性なくらいがちょうどいいと思います^^」というお言葉に、安心しました(^^)
マイペースな更新になると思いますが、これからもぜひ遊びに来てくださいね。
どうぞよろしくお願いします(^^)
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。