スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がヒゲコノハカメレオンを単独飼育する理由

くまこ いつもこんなきれいな柄ではありません(^^ゞ


カメレオンはすべて単独で暮らしています。木の枝に住んでいますが1箇所に定住するわけではないので、時々カメレオン同士がでくわしたりするわけです。そういうときは圧倒的に強弱の差がある場合か片方に戦意が無い場合(強い方が弱いものを乗り越えて移動したりして終わります)以外はまず威嚇し合い、それでも決着がつかなければ攻撃(噛む)になります。その結果、勝ったものが上の方に、負けたものは下のほうに行きます。
カメレオンのこの攻撃性は種類によって多少異なり、攻撃性の高い種類もいれば、比較的大事にならずに済む種類もいます。

野生では一度距離が離れてしまえばお互い定住しないわけですから、どんどん離れていって2度と同じ個体同士が会わない(もしくはたまたままた出会っても離れて行ける)ことも多いと想像できます。
しかし飼育下では複数の個体を同じケージに入れた場合、逃げ場が無いので上下関係のようなものが出来上がってしまいます。犬と同じように力が互角であれば小競り合いを繰り返し、圧倒的な差がある場合、最下位のものは上位のものにどんどん下に追いやられ、食事もするなと脅され(これは根気良く観察しないと見逃しやすいです)、ストレスで死んでしまうこともあります。そのため、ペアリング時以外は通常個別に飼います。
ただし1つのケージ内にある程度以上の数で入れられると、今度は逆に闘争心が薄くなります。込み合いすぎて争うどころではなく、その分精神的ストレスも大きくなるようです。

最近は少ないですがショップによってはスペースの都合上、複数でケージに入っている場合があります。また飼育者の事情で同じケージで複数飼育されることもあります。

ヒゲコノハカメレオンの場合、乗り越えで終わる場合が多く見過ごしがちですが、よ観察していると噛み合う場合があります。小さくて力自体が強くは無いので噛み付いても大事には至らないようですが、決して攻撃性の低い種類とは言えないと思います。上下関係の掟もはっきりしています。
しかしかなり小さい種類なので、 ショップでも、迎え入れた各家庭でも、たいてい一つのケージに集団で入れています。そのほうが単独で飼うより見栄えもずっと良いのです。

ヒゲコノハカメレオンのそうした習性を知りながらも、私も最初はつい見栄えを優先してしまい、複数で飼いたいと思い、とてつもなく大きな(一応、ちょっぴり習性を考慮したつもり←笑)ケージを一つ用意していました。

ところが、お子ちゃまでもやはりカメレオンはカメレオンでした。
ぽち1頭だったときは良かったのですが、くまことヒゲコを同居させていくらも経たないうちに、くまこがごはんを食べようとしていたヒゲコに向かって「そのご飯は私のだ。お前は食べるな~」、ぽちに「お前はもっと下がれ~」と迫力で脅しあげているのを目撃してしまいました。
余談ですが、実は「くまこ」の名前はこのときのイメージで命名しました(笑)
仕方がないのでくまこを別格(別居)にすると、今度はヒゲコがぽちに「お前あっち(下に)いけ~」と脅しているところに遭遇してしまいました。
どう見ても弱々しいヒゲコにも負けるぽちって‥

そういうわけで、ちいさなヒゲコノハカメレオンがわらわらとかわいらしく住む夢のような光景は空想で楽しむだけで終わってしまい、今は3頭ともそれぞれ安い一戸建てに住んでいます(笑)

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

あはは
おもしろいカメレオンマンション事情でした。
楽しみました~
おとなしそうなカメレオンですが
やっぱり自然の掟はちゃんとできているものなの9182ですね

ミツルリのお母飯、楽しく読んでいただけて
とても嬉しいですi-179
カメレオン自体に上記の記事のような性質があり、さらにそれぞれの個性もあるので、
なるべく彼らの対カメレオン関係における
ストレスが少なくてすむように気をつけて
います(笑)
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。