スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私がコノハカメレオンを選んだ理由 

とっても迷惑そうな目つきのぽちお

とても迷惑そうな目つきのぽち(^^;


私が一番好きなカメレオンはワイルドコート(野生)のパンサーカメレオンです。活動的でとても気が強くて感情の変化が激しく、短気で喧嘩っ早い種類ですが、その反面一度人間を信じてくれるようになると、こちらが感激するくらい信頼してくれます。もちろん、こちらも常に一生懸命努力しなければ信頼関係は築けません。他の種類のカメレオンと違って、目つきに喜怒哀楽がとてもはっきり出るのも張り合いがあります。
同じパンサーカメレオンでも、CB(飼育下で繁殖した個体)は初めから人間の世話を受けているので人を警戒しませんが、「飼いならされた猫」とでもいうのでしょうか、メリハリに欠ける、野生とは比べ物にならないおとなしい子が多いです。目にもワイルドコートほど感情が激しく表れることはありません。
いずれにせよ、このパンサーカメレオンはカメレオンの中では丈夫な方で馴らせばハンドリングもでき、初心者にも飼い易い人気のカメレオンです。
彼らよりは神経質な面があり、また高温にやや弱いですが、フィッシャーカメレオンもまた、信頼を得ることができれば、人になれてくれます。ただし神経質なため、ハンドリングにはあまり向かないと思います。

私がまたカメレオンと暮らしたいと思ったとき、まず浮かんだのはパンサーカメレオンでした。しかし、今は一人暮らしで犬と暮らしていますから、それでも大丈夫な種類を選ぶ必要がありました。

私の経験ではパンサーカメレオンとフィッシャーカメレオンは非常に行動範囲が広く、信頼関係が築ければ部屋に出たがるようになり、うちではお部屋飼いにしたこともあります。パンサーカメレオンより小さなフィッシャーカメレオンでさえも、すべての部屋を自分のテリトリーにしたがりました(笑)

パンサーカメレオンもフィッシャーカメレオンもリサが怖くないと分かれば、おそらく昼間も自分を閉じ込めないでくれと言い出し(行動で示し)ます。でも、危なくてとてもそんなことはできません。平日の昼間、リサだけが部屋の中で自由で、自分はケージに閉じ込められたままでは、パンサーカメレオンにとって大変なストレスとなることでしょう。それは、私は今はパンサーカメレオンやフィッシャーカメレオンとは暮らせないということです。

では、今、カメレオンと暮らすには、どんな種類を選ぶべきか?

それは部屋の中で暮らしたいと言わないであろう、あまり活動的ではないと言われている種類ということになります。
まあ一昔前の情報なので、実際に飼育してみたなら違う感想になる可能性もありますが…。
ということで、ざっくりと「コノハカメレオンか、デレマカメレオンか、パーソンカメレオンあたりかな‥。」と思いました。この3種類は大きさがまるで違いますし、かかる経費も雲泥の差がありますが、私にとってはどの種類でもウェルカムでした。
カメレオンについて知っている方がこれを読んだら、「パーソン?おいおい‥」と思うかもしれませんけど(笑)

とりあえずそこまで絞ってから、具体的にペットショップの入荷状況を検索してみて、ご縁があったのがコノハカメレオンで、ぽちだったのでした
ちなみに最近は「ぽっちゃん」とか「ぽちお」なんて呼んでいます(笑)


クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

カメレオンにもいろんな種類の子が
いるのですね~
全然しりませんでした。
それにしても両生類は勉強が必要なのですね!
どの生物もそうでしょうが、気温などって命にかかわりますものね。
わんにゃんみたいに服を着せたりできませんものね^^

ミツルリのお母飯、カメレオンというと一般的には緑色一色のイメージがあるかと思いますが、赤いのや青いのもいるんですよ(^^)
そうなんです、わんにゃんたちよりいろいろな面でシビアなので、一緒に暮らすのは楽しいですが管理が大変な面もあります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おっちょこちょいの私は、返信の投稿に失敗して、しばらく時間を置かないと自分の管理者ページに入れなくなってしまいました(^-^;
鍵コメさん、案外そんなものですから、お気になさらずに(^^)
こちらこそ遅くなってしまってごめんなさいね~<(_ _)>
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。