スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハイになる

test.jpg



飼育書やブログなどではよく分からなかったこと。

毎晩暴れ回る子犬(笑)

体験して、そのすごさにビックリ(いろいろ驚いてばかりですが←笑)
サークルの周りを全速力で駆け回り、おもちゃを咥えて自分の頭ごとめいっぱい振り回し、そしてガブーッと噛み付く‥、私に

子犬の噛みたいという欲求に加えて、元気が余っているのだろうと思います。
最後のワクチン接種がまだなので、お散歩で発散させてあげられないのが辛いところです。

生後3ヶ月の頃は、まだこちらも余裕でした。
10日くらい前からなんだか急速にあごの力が強くなり、噛まれると痛いのなんの、それに比例して私の手足にもちらほらと小さな傷が‥
理性が飛ぶまでは、リサも噛まないように努力はしてくれているのですけどねぇ。
ハイになってしまうと、その直前までの努力も水の泡です。
おもちゃや遊びで気をそらそうとしても、おもちゃを持つ私の手の方を狙ってきます。
おもちゃを投げても、私の足に向かってきます。
ハイになって噛み始めると、もうナマモノ(私)しか目に入らないようです(汗)

個体差もあるとは思いますが、元気いっぱいの中型や大型子犬を想像すると、恐ろしい気さえします。大きなを飼う人って、勇気があるなぁ(^-^;

パソコンに向かっている時は逃げ場が無いため、椅子の上に中腰で座る日々。
その周りを、私の足を狙ってハイエナのようにうろつくリサ(笑)
うう、足が痺れる~(^^;;

クリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 犬ブログへ


スポンサーサイト

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

噛まれるのはつらいですね^^;
今までソフィーに噛まれたことがないんだけど、
遊び中はしゃぎすぎて歯が私の手に当たりそうになると、
めちゃめちゃ大げさに痛い痛いと言ってやります。(当たる前に言います。笑)
心配そうな顔になるから、悪気のない分可哀相な気もしますけどね^^
アメリカ(欧米?)では、甘噛みされた飼い主さんが、
この大げさ方法で噛み癖を直しているとテレビでやっていましたよ。(笑)
リサちゃんもお散歩行けるようになると、エネルギーも
発散できるようになるかも知れませんね。あと少し。頑張って^^

マルコさん、ソフィーちゃんはさすがお嬢様ですね~。
私も必死で大げさに「痛い」と「ダメ」は言っているのですが、興奮すると分からなくなってしまうようです。
そこまで興奮させるつもりは無いのですが、こちらで何もしなくても、構わないで入るときにさえ、リサは一人ではしゃぎだして興奮してしまうんですよ~(^^;)
大人になったら落ち着いてくれることを祈っています(^^;

ぷぷー!
リサちゃん元気ですね!
我が家の瑠璃は秋には二歳になるというのにまだリサちゃんと同じ行動ですよ~。
(我が家は問題ありですね、成犬ですもの^^;)でも興奮するまでは理性で噛まないのならきっと大丈夫ですよ~
まだまだ理解できる事が少ない時期ですしね!一度注意したらもう相手にしないのはいかがでしょうか?
部屋をでてしまうとか・・・
わんこにとって無視されることは本当に辛いようですから^^;
素人意見ですのでご参考までに~
徐々に治ることを願っていますね!

リサちゃん、今遊びたい盛りなんですね~
甘噛みは子犬の通過点ですからしょうがない・・・と思うのですが、痛いんですよね、これって!(涙)
歯が尖っているから、下手したら流血騒ぎ。
おもちゃを与えても、あっという間にボロボロにされましたもの^^;
子育て大変だと思いますが、応援しておりま~す!

ミツルリのお母飯、瑠璃ちゃんは元気が良いのですね。
アドバイスありがとうございます(^^)
無視は人間にとっても難しいですが、もっと毅然と無視するようにしてみますね!
「まだまだ理解できることが少ない時期」とのこと、頭ではまだこれからだと分かってはいたつもりでも、これからが本格的なしつけの時期だと思って、ちょっと焦っていたかもしれません(^^ゞ
なんだか少しほっとしました、ありがとうございます♪

あっこさん、そうなんですよね~、もう痛くて痛くて(^^;
でも、やっぱり子育てで通る道なのですね~。
少し気持ちが軽くなりました、ありがとうございます(^^)
リサのおもちゃのサメのぬいぐるみももう人前に出せない状態です(きれいでも人前には出しませんが←笑)。
ダイソーにいろいろおもちゃがあるので、助かっています(^^ゞ
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。