スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

強制給餌と生きようとする力

ヒゲコのことは辛かったけれど大切な思い出

カメレオンは何らかの理由で拒食することがあります。
真冬以外では、たいていは体調を崩しているときです。爬虫類に対する医療は以前よりは進んだことと思いますが、それでも犬や猫よりはだいぶ遅れていると思います。
拒食は医者にかかってもどうしようもない場合あれば、医者にかからなくても飼育者の努力だけでいつの間にかまた食べるようになり、何事も無かったように復調することもあります。

ただ、拒食の期間が長くなると当然体力が落ちるわけで、餓死する危険もあり、飼い主は強制給餌を視野に入れなければならなくなります。
給餌に使うのはコオロギの内臓などでも良いし、オリジナルの流動食のようなものでも良いと思います。しかしこの「強制的に食べさせる」という行為自体も、はじめのうちはカメレオンに少なからずストレスを与えます。

人間を信頼してくれている子であれば強制給餌に慣れるのも早く、私は過去、1ヶ月くらい強制給餌した経験が何度かあります(その頃はCB個体の流通どころか、繁殖そのものがほとんど不可能で、輸入されてくるワイルドコートのアダルト個体は状態の良くない場合が多かったです)。
強制給餌もそれくらい長期に渡ると、カメレオンのほうも私が食べさせようと近づくと自分からパカッと口を開ける習慣のつく子もいて、別に舌や口がおかしいわけではないのに、こうなるとなぜ自分で食べられないのか不思議なくらいでした。
しかしうちに来たばかりで、まだうちでの生活や人間というものに馴れる間もないうちにそのまま強制給餌するしかない状態に陥った個体は、医者に連れて行こうがいかに努力をしようが(いくつかのポイントがあります)、回復できない割合が高かったです。

今までの自分自身の経験から考えると、まだベビーだったヒゲコがうちに来ていくらもも経たず、私のことを信頼しようも無いうちからいきなり3日に1度の強制給餌をするしかなくなり、それから2ヶ月近くも生きてくれたことは、今思い返してもまるで奇跡のように思えます。なにしろ大きくなっても全長7~8センチのコノハカメレオンのそのまた小さなベビーです。しかも写真のように本当にいつ死んでもおかしくないような状態になってから、一ヶ月も強制給餌でがんばりました。

一般的には「パーソンのような大きなカメレオンは体力があるので、死ぬときもゆっくり死に向かっていく。その分持ち直すチャンスがある(原因にもよりますが)ということだ。」と思われていますが、小さなヒゲコノハカメレオンにもこんなに生きようとする力があります。

残念ながら初めから助かる見込みの無い悲しい出会いでしたが、ヒゲコは私にカメレオンの底力と命の尊さを改めて教えてくれました。

クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ヒゲコちゃん
亡くなられたのでしょうか…
とても残念ですねv-406
また知らぬ知識で爬虫類系は長生きさんだと
ばかり思っていました。
ショップでいるよりも
ちゃんと愛情をかけてもらって
きっとヒゲコちゃんは
嬉しかったのではと思います。
悲しいですが虹の橋を渡ってくれることを
願っていますね。

ミツルリのお母飯、優しいお言葉ありがとうございます。
ヒゲコはとうとう亡くなってしまいました。
大型のカメレオンには10年以上生きる種類もいますが、コノハは2~3年らしいです。
辛い期間を過ごして旅立っていった子たちでも、虹の橋の向こうで、すべての生き物が仲良く、そして心穏やかな魂であってくれるといいなぁと思います。
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。