スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘えん坊さん

だって甘えたいんだも~ん


私の平日は、帰宅するとまずは「お帰りの儀式」です。
どのワンちゃんもそうだと思いますが、帰宅するとリサもひとしきりまとわり付きまくりです。私もどんなに疲れていても、「今日も1日よくがんばってお留守番していてくれたね、ありがとう!」という気持ちを込めて、しばしリサを撫でまくります。

その後もリサは私の寝る時間まで、私の一挙手一投足に反応します。
前にも書きましたが、リサを自分中心のわがままな犬にしてしまわないようにけじめをつけるためにも、私は毎晩パソコンに向かう時間はある程度ほしいと思っています。
私が椅子に座るとリサはしばらくは構って欲しそうですが、やがて一人遊びを始めたり、自分用のベッドでうとうとしたりします。そこで私が安心してネットをしたりしながらちょっとでも体勢を変えようものなら、寝ているように見えてもパッと起きて寄ってきます。そして期待の眼差しでじ~~~~~っと私を見上げます(^^;
「甘やかし過ぎてもよくない。しかしあまりクールな犬になられても寂しい‥」
というわけで、私の自分の時間(パソコンに向かう時間)は、いつも身動き3~4回につき1回は中断されることになります(^^ゞ

リサと一緒に座布団に座っているときは、おもちゃで遊ぶよりも撫でてほしい場合の方が多く、首の側面から耳の下にかけて撫でていると、たいていコロンと横になってお腹を見せます。そして赤ちゃんのような表情になって、私の指を咥えたがります。撫でてほしいときはお気に入りのおもちゃもポイっとしてしまうリサですが、もちろん一緒に遊ぶときもあります。
いずれにせよ、何かをするつもりで部屋を歩き始める私を、リサは実に頻繁に座布団に誘います。
そしてまた、同じことが起こります(笑)
「甘やかし過ぎてもよくない。しかしあまりクールな犬になられても寂しい‥」
というわけで、やはり急ぐ場合を除いて、いつも3~4回につき1回はしようと思ったことが後回しになります
( ̄∇ ̄*)ゞ

今のところ、リサは我儘にもクールにもならずに甘えん坊さん程度で保っています。
あまりの注視に疲れを覚えるときもあるけれど、良くも悪くも、これが一人と一匹の暮らしというものなのでしょうね~。
リサには大人になってもこのままずっとかわいい甘えん坊さんでいてほしいと願っています。


クリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 犬ブログへ

スポンサーサイト

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

ふふ!
そうですね!
小さいうちは本やネットでたくさんの情報を入れてしまってあれこれしてしまいますが、Junさんのように最初から「こんな子になって欲しい」という強い意思があればやりやすいかもしれないですね!
私はいろんなものに振り回されるタイプなので瑠璃はびびりの甘えん坊、美月は外面の良いクールな柴に育ちました^^;
美月の場合、ショップ生活が長かったため、多感な時期に愛情に恵まれなかったのも大きな要因かと思いますが、今では表情もわかる子になってくれました^^
Junさんの様に強い意志をお持ちの方ならきっとリサちゃんもわがままな子にはならないですよ!

ノエルはピアノが来るまでは出迎え無しでしたよ(苦笑)。
隠れているんですからね~何故だ?
でもピアノが来てからは一変しました。
ピーちゃんが超甘えん坊なので、争うようにして飛びついてきますよ(笑)
でも基本はやはりクールですね。
逆にピーちゃんは甘えん坊。
ジ~ッと私を見ていて、目を合わせたらもうアウト。あのネコみたいな鳴き方をされてしまいます・・・

ミツルリのお母飯、美月ちゃんはショップ生活でクールになってしまったものの、表情が分かるようになったのですね。お母飯の愛情の賜物ですね!
私はそんなに強い意志でもないんですよ~。本やネットは調べまくってドギマギしています。ちゃんと良い子に育てる自信も全然無いですし、ずっと試行錯誤みたいな感じです。そのために、問題に直面した時に解決の糸口になればと思い、ブログを始めたくらいです(^^ゞ

あっこさん、やはり2チーになると、いろいろ変化が起きるんですね~。ノエルちゃんがピアノちゃんにつられてお出迎えしたり、ピアノちゃんがノエルちゃんにつられて吠えてしまったり。
いろいろ大変な面もあると思いますが、楽しさも2倍なんでしょうね~(^^)
ピアノちゃんのかわいらしい顔であのかわいい鳴き方をされたら、デレデレになっちゃいそうですね~♪
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。