スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カメレオンの知能・カメレオンが早足で歩くとき

歩く1


はい、それは何かお急ぎになっているときです。
あたりまえ過ぎですね

歩く2


何処に行きたいかを決めてから歩き始める場合も、目的地が決まっているので早足になることが多いです。その場合、観察していると歩き始める前に目が意志を持ったしっかりした動き方をします。「あそこに行きたい。」「それにはここを通ってああ行ってこう行って‥」と考えています。
そして歩き始めると、既に頭の中で決まったルートを行くので迷いが無く、早足になるのです。

歩く3


ただし、予期しなかった障害物にぶつかると(ツルツルで摑まれない、上れないなど)、相当しつこく障害を乗り越えようとチャレンジします。それでもこのルートはダメだとやっと分かると、予定が狂っておろおろする個体、固まる個体、迂回する個体など、反応に個体差が表れて面白いです。次回、同じ場所で再チャレンジしてみる個体も多く、カメレオンはこういうとき、けっこうしつこいです(笑)
また、事前にルートを決めていても、初めて行く場所の場合は慎重に進む場合が多いです。


クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

可愛いかも

JINさん こんにちは
わたし、本当は爬虫類ダメなんです
特にヘビ類は
でもカメレオンの様子を見てたら、大きなクツワムシみたいに思えてきて、カメレオンなら大丈夫かななんて思いました
尻尾が短いのがいいのかも知れません

子供の頃に田んぼのあぜ道を歩いていて、知らずに踏んだヘビが足に巻きついてからのトラウマです

ラリーパパさん、コメントありがとうございます。
とても嬉しいです。
爬虫類は大きく好みの分かれる生き物ですからね~(^^;
それに蛇を踏んでしまった経験、そんなことがあったらショックが大きいですよね。
極端に尻尾の短いカメレオンはこのコノハカメレオンなど数種類だけで、ふつうのカメレオンは尻尾が長いのですが、蚊取り線香風に巻くので、可愛いかもです。
これからもどうぞよろしくお願いします
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。