スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒゲコノハカメレオン2頭が家族に加わりました

くまちょふ
くまちょふ


ぽちおとは都内のあるショップで出会いましたが、そのお店は夏場はカメレオンを仕入れないため、常時イエコのSサイズを置いているようではなく、また遠くもありました。そこで昨年8月下旬、以前たびたび通った爬虫類ショップの老舗にイエコを買いに行きました。ちょうどもう1~2頭迎えたいと考えてはいたのですが、ヒゲコノハカメレオンが輸入・販売された時期とタイミングがずれてしまっていたので、もう私が買いに行ける範囲のお店では売っていないだろうと思っていました。
そんな状況で、そのショップで出会ったのがくまことヒゲコでした。

その後はある熱帯魚屋さん(カメレオンなどの爬虫類・両生類も扱っており、熱帯魚に関してはかなりマニアックな話ができ、経験・知識の豊富なお店)か、この老舗ショップの本店に買いに行っていたのですが、昨夜は約5ヶ月ぶりにくまこを迎えた方のショップに行きました。
そしてまた、今はいないであろうと思っていたヒゲコノハカメレオンと遭遇してしまったのでした(笑)

こんな風に書くと衝動買いのように思われるかもしれませんが、そうではありません。
実は機会があればあと2頭迎えたいと思っていました。
2頭というのは、うちは個別飼育なのでヒゲコノハカメレオン飼育スペースがこれで限界だからです。
そしてなぜか私の部屋には未開封のハムスターケージが2個ありました(笑)

迎え入れたのはヒゲコくらいの大きさでくまこのような性格をしていそうなベビーの女の子と、頭胴長6センチもあるめだかのような体型(体が痩せているので頭が大きく見える=重大問題を秘めている可能性アリ)のおじさんです
このおじさんの方は体内事情があまりよろしくなさそうですが、なんとな~く心惹かれて選んでしまいました
ちなみにこの体内事情があまりよろしくない理由は彼が野生で暮らしていた頃に起因しています(断言)。
ショップの管理がとても良いので急速な悪化を招かずに現状維持で済んだまま、売れ残っていたのだと思います。管理のずさんなショップだったら、すぐに日和見感染を起こして、うちに来ることもなくお亡くなりになったことでしょう(この内部事情については、私は過去によく調べましたのでむやみに恐れたりはしませんが、このブログではそれが何であるかについては詳しく触れるつもりはありません)。
ボディとひじと口元に擦れもあります。う~ん、書けば書くほど、ふつうなら選ばないような個体だなぁ
でも、野生で生き抜いてきたカメレオンには、CBには無い深い味わいのある性格の個体が多いのです。私はそんな個体がとても好きです。ぽちお同様、もしかするとあまり長くはないかもしれない余命を、できる限り大事にして、彼が安心できる状況で過ごしてほしいと思い、迎え入れました。

ベビーの方は状態がよさそうです

名前はしばらく様子を見てから決めます。写真も、脅かしたくないのでまだ先です。



クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。