スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 外れてほしかった予想

おじさん


昼間アップした「がんばれうちの男たち」に書いたヒゲコノハカメレオンのおじさんに対する予想がほぼ当たりです‥。

寒気や強い低気圧の影響を受けてしまう子供の頃からの持病で私も夕べからずっと具合が悪く、今日の夕方には思わず会社を早退して病院に行きたい衝動に駆られました。病院に駆け込んだって治らないんですけれどね(苦笑)。
胃薬と併用しても胃が荒れるのでなるべく使わないようにしているレトラックという鎮痛剤を飲んでみたのですが、あまり強くない薬のようで今回はたいして効きませんでした。‥と思いましたが、薬自体は確かに強いものではないと思うのですが、昨年秋の大型台風から続いた恐怖の1週間以上痛み続け状態のときや、年明けの寒波のときは効きました。つまり今回の寒波はそれらより強いのかもしれません。
ということは、おじさんとぽちおは‥。

仕事中と帰宅途中、痛みと耳鳴りでなかばぼーっとしながら、何回か「おじさんはもう生きてはいないかも‥」と思いました。
帰宅してケージの中を探しまくると、おじさんは隅っこの葉っぱのところでまだ生きてはいました。

今すぐ天気が回復してくれたら!
今すぐ暖かくなってくれたら、奇跡的にもちこたえるかも!!

‥でも、そんな予報ではありません。
おじさんは、もう助からないと思います(涙)
今、おじさんを苦しめる原因を作っているのはこの寒気だと分かっているのに、どうすることもできません(ケージ内の温湿度をコントロールするのは基本ですが、いくら快適にしても外の寒気団の影響をまともに受けます)。ごめんね、おじさん。

おじさんやぽちお、くまこやベビーのためにもっとできることはないかと、みんながうちに来たときからずっと考え続けていますが、今のところこれ以上は考え付きません。なるべく良い状態を保ってくれるようによく観察してサインを見逃さないこと、あとはたぶん本人たちの体内事情と生命力にかかっていると思います。
これがワイルドコートの(外れ個体の)カメレオンの難しさです。CB(キャピタルブリーディング)の場合は、ちゃんとしたブリーダーの元で生まれた個体であれば、ワイルドコートと同じ原因の外れは存在しません。そういう意味ではCBのパンサーカメレオンなどの健全な個体は基本的な管理に手落ちさえなければ、信じられないくらい楽に元気に生きていてくれます。
ただ、状態の悪い母親から生まれた卵は、ワイルドコートでもCBでも弱いですし、多産(多卵?)系の場合は初めに産み落とされた卵が一番良い卵で、後になるにつれて質が落ちるのだそうです。確かに多産(多卵?)系の場合、育ちきれない個体や成体にはなったものの弱くて若死にする個体がいます。これはカメレオンや爬虫類に限ったことではないと思います。

一方ぽちおは、ご飯の無くなった食器の上の葉っぱの茂みの中に一部分が見えました(笑)
ぽちおも本当にいつ何があってもおかしくないはずですが、私が思っている以上に生命力が強いようです。ただ、今回の一際強い寒波に対してはどうなのか‥。2月に寒波が何回も来たらどうなのか‥。
ぽちお、あなたの生命力に、切り抜けてくれるという夢を見てもいい?


どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

お家に毛布をかけるなんて怖がってだめですよね…
お日様がないのもだめですものね…
窓ガラスにぷちぷち(梱包材)を張ると
少し防寒になるそうですが…
おうちの下に発砲スチロールを敷いて
下からの寒さを防ぐとか…

素人考えではどうにもだめですね
お役に立てず心苦しいです。
うぅぅ
みんな頑張ってほしいです(涙)
Junさんも体調がおもわしくないようで心配です。
本当に体が資本、どうぞご自愛くださいね!

ミツルリのお母飯、優しいお心遣いありがとうございます。心から嬉しいです。
おじさんのことが気になって、今夜は平日なのに夜更かししてしまいました。

説明文が下手でごめんなさいね。部屋は少し寒いですが、彼らのケージはサーモスタットに接続したヒーターで十分な温度があります(リサもペットヒーターがあります)。
部屋も暖かかったとしても、屋内の温度とは関係なく、寒気団の気圧の影響を受けてしまうのです。私も暖房の効いたオフィスで寒気団の気圧の影響を受けます。
私の病気はとても痛みますが、命を失うことはありません。でも、悪化しないようになるべく気をつけますね!
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。