スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ヒゲコノハカメレオンのおじさん


昨日は悲しくて落ち込んで1回しか記事をアップする気になれませんでしたが、ヒゲコノハカメレオンのおじさんは死んでしまったわけではなく、まだ生きています。夕べから色がヒゲコのように白っぽいベージュに変わっています。
「時間の問題」というと数時間を想像される方も多いと思います。
おそらく環境設定の何かが悪くてそれを見過ごされたために死に至るような場合は早いようですが、そうではなく体内環境の悪化や病気などの場合、目が落ちくぼみ、痩せこけて干物のように干からびたような感じになって色が黒系や白系・黄色系に変わってから死ぬまでに数日~10日くらいかかることが多いです。

その姿を見ていると、「それでも助かってほしい」という願いにも似た気持ちと、助からないのが確実な状況であまりにも辛そうなのはとても残酷な状況に思えて、私のほうも矛盾した思いを抱えてなんとも辛い期間をすごすことになります。これはカメレオンに限らず、人間以外の生き物を家族の一員として迎えている家では、いつか必ず訪れる日々ですね。

自分から望んで迎え入れた家族です。辛くても、仕事中以外なら私も最後まで看取ることにしています。迎え入れた種類は人それぞれ違っても、愛する家族に対する気持ちは同じですよね。

魂があるかどうかとか、カメレオンに伝わるかとかは別として、亡くなってしまった子に対してはお詫びと、うちに来てもらえて嬉しかったこと、あなたがいてくれて楽しかったこと、そしてお礼を心の中で思います。
私の病気は私の命を奪うことはありませんが、苦しい持病を持っていると、命の大切さがなおさら感じられます。人間と同じ知能はなくても、文明は持っていなくても、命自体の大切さはみんな一緒です。

おじさん、もう不可能なのは分かっていても、やっぱり立ち直ってほしいよ。お願いだから死なないでよ。
そう、無理なのは分かってる。最期は眠るように、少しでも苦しまずに済みますように‥。

どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。