スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 パンサーカメレオンはあくびをする


ずいぶん昔のことなので、他の種類のカメレオンについては記憶が無いのですが、うちではベタ馴れの好奇心の強いパンサーカメレオンのオスが何頭か、たまにあくびをすることがありました。
初めて見たときはその動作が何を意味するのか分からず、また、死の淵にいるカメレオンも苦しげにゆっくり口をあけてはとじることがあるので、ちょっと焦った記憶があります。しかしどう見ても状態の良い個体たちがごくたまに行うだけの場合については、母と話し合って、「これはおそらくあくびであろう」という結論に落ち着きました。
それがあくびであるということを確信した事例があります。

かつてアメリカCBのパンサーカメレオン・タマタブをベビーから育て上げたときのことです。
彼はヤングアダルトになったくらいから、傍目には「このまま顎が外れてしまうのでは?」という恐怖さえ感じるほどの大あくびを時々していました。どうやら男同士の(同時に購入して育てたマロアンツェトラ?のオスもいました)シングルライフは彼にとって退屈な日々だったようです。
やがて2頭が大人になったので、私は彼らのためにお嫁さんを迎えてあげました。
するとその日以来、彼は生涯2度とあくびをしませんでした。

なんだか不思議なような、笑ってしまうような内容ですが、事実です。
↑これってやっぱり、あくびですよねぇ(笑)

どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

カメレオンのあくび

きっとものすごくゆっくりとしたあくびなんでしょうか。
ちょっと見てみたい気もします。
眠いからするのでしょうか。
それとも退屈だから。
肺の空気を全面交換したいから。
いったいどんな意味合いでするものなのでしょうか。
とっても興味あります。

森の音さん、ものすごくゆっくりというほどゆっくりではありませんが、早くもなかったです。
記事で例に挙げているタマタブの場合、「顎が外れるのでは?」の他に、「このまま着ぐるみを脱ぐように背中の方に頭部の皮がずれて脱げていって、中から頭蓋骨が現れそう」というホラー漫画のようなシーンも見ていて思わず連想しました(笑)
すごく大口を開けていました。

睡眠は十分取れていましたし、本来は喜怒哀楽の激しいパンサーカメレオンにとって、外敵のいない平和な環境=決まりきった退屈な毎日だったのではないかと思っています。
二酸化炭素の排出(人間の場合ですが)も兼ねているのかと思いましたが、最近はその説は否定的らしいですね。
今はパンサーカメレオンがいないので、お見せできないのが残念です。
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。