スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最初の日

強引にティーカップチワワ(^^;


この写真はうちに来る前、生後50日頃のブリーダーさん撮影の写真です。


帰宅してペットキャリーから出すと、リサはあまり周囲を確認することなくすぐに私に寄って来ました。おとなしく私に撫でられ、それから用意しておいた歯磨きにもなるというロープのおもちゃを見せると、すぐにひっぱりっこやロープの追いかけっこに夢中になりました。大興奮して遊んで私の手足を舐めまわし、甘噛みし、私の膝で30~40分ほど寝てはすぐに起きて遊んでの繰り返しで1日が過ぎました。

その間に、部屋の探索はテーブルや椅子、用品置き場などの少し込み入っている辺りのみ用心深く行い、広く空いている(わずかな)場所には決して近寄らず、3日目に初めて確認していました。意外と慎重派ですね。
サークルは使われていたらしく、最初から戸惑うことなくすんなり出入りしていました(ただし戸を閉めると鳴く)。

既にブリーダーさんのところでペットシーツにおしっこができるようになっていたリサは、軽く誘導しただけでサークルの中に自ら入って行き、中のペットシーツで用を足すことができました。喜んだのも束の間、ウン○は全部失敗しました(涙)
習慣にならないように、ウン○をされた場所は消毒用エタノールにラベンダー・ティートゥリー・ユーカリの精油(エタノールが濃度70%なので殺菌のため)を加えたもので拭き取り、仕上げにペット用の消臭スプレーを使いました。

寝る前にリサを膝の上で撫でながら、私はいろいろ考えました。

今日はちょっと興奮させ過ぎてしまった…(今になって気づく)

耳や足先・尻尾などに触るといった行為は、子犬の性格によっては徐々に慣らしていかなければならないらしいが、これはすぐにクリアー

アイコンタクトとはちょっと違うけれど、リサはいろいろな表情をたたえながら私の目をちゃんと見ることができる。これなら別に名前を呼んだら見るようにしつけなくても構わないんじゃないだろうか?(たぶん本の気にし過ぎ)

本人がなんだかよく分からないうちから慣らしてしまえと思って、2度ほどインターホンをならしてみたが、今のところ吠えない。この調子で毎日ならそう。でも知らない人の気配ではなく飼い主がならしていいのか?(気にし過ぎ)

私が何かを始めると、とりあえず「何かしている」ということが理解できるらしく、リサはお座りや寝そべった姿勢で、時には私の後についてきて、私が構ってくれるのを待っている。
さすがにハイになっている時は思考も飛んでしまってじゃれ付いてくるが、これくらいは生後60日の幼児なので仕方が無いだろう。ただ、「何かが終わったらきっと構ってもらえる」と信じて期待のまなざしで待っているのがひしひしと伝わってくるのが逆に痛い
人間の「何か」はそんなにすぐに片付くことばかりではないし、その視線を振り切って仕事に出かけて長時間お留守番をさせなければならないのだ。慣れてもらわなければいけないし、そうしなければ自分が困るのに、今からちょっと心が痛い。

地獄に仏だったせいか、リサはキラキラした目で嬉しそうに私の目を見る。
いつかその瞳からあどけなさが消えても、私といる時にはこんなふうに嬉しそうな目でなるべく長い時間過ごせるようにしてあげたい
でもと人は似ている部分と違う部分があるから、辛くてもけじめをつけていかなければならない部分はきっぱりさせないといけないのだろう。それがにとっては人間側のルールを押しつけられることであっても。
大事にしてあげることと慣れてもらわなければならないこと、これからリサの表情と相談しながら甘やかし過ぎず、かといっていじけさせず、私が舵をとっていくのだ。

そういえば、屋外でたまたま大型の近くに居合わせたとき、漂ってきたの臭いにクラクラしそうになって(大型犬を飼われている方、ごめんなさい、あくまで個人的な感想です)、大型犬と暮らすのは私には無理だと思ったことが何回かあるけれど、リサもけっこうクサイ。
まるでドッグフードを凝縮した匂い+αという感じだ。
しかも時々クサイおならもしているようで、それまで臭わなかったのに、いきなりウン○のような臭いがする。しばらくすると臭いが消えるところをみると、体のどこかについたのを見落としているのではなく、やはりおならであろう。
それだけでなく、リサがあくびをすると口の中からもドッグフードの凝縮臭がする。
私はこれから十数年、この犬の体臭や口臭やおならと付き合うのだ。ドッグフードを変えたほうがいいかしらん(口臭とおならについては見知らぬ場所に来て生活も何もかも一変したリサのストレスが原因で強まっていただけで、後に数日と経たないうちに解消した)。

子犬は1日に20時間寝るというが、今日はリサが私の膝の上で寝ようとがんばったので私の足が痺れてくるたびに起こすことになって、結果的に長時間寝かせてあげることができなかった。明日から仕事復帰までの間に、日中もサークルで眠るようにさせなければ。
大体、人についていないと眠れないというのは、この子は分離不安の気があるのではないか?(これも考えすぎだった)

甘噛みもものすごかった。ハイになっている時はかなり痛い。子犬によっては手足が傷だらけにされることもあるらしい。ハイになること自体は成長するにつれ減っていき、だんだん落ち着いてくるらしいが、いずれにせよ噛み癖はつけないほうが良いだろう。心して今からしつけなければ(翌日には早くも方向転換するのだが)。

だが今一番気がかりなのはなんといってもウン○だ。多くの飼い主が経験する、「朝起きてから、帰宅してから、まず一番にウン○まみれの子犬を洗ってケージを掃除する」のが私の日課にもなってしまうのだろうか(泣)
いや、(泣)ではいけない。私は自分の意思でリサを求めたのだ。
子犬なんてこんなものさと自分に言い聞かせて黙々ときれいにし、根気強くしつけて行くのだ。


長年待ち続けてきた子犬が来た最初の晩は、こうして嬉しさよりも気疲れによる疲労感と考え事と反省の中で幕が下りたのでした。



クリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 犬ブログへ



スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。