スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 エレンとエルフィンの危険な関係

実はウサンバラコノハカメレオンを迎えた当初、ショップに入荷したてでまだミズゴケ入りのパックの中に入っていた彼らは移動疲れであまりに弱々しかったので、心細いだろうと思い、お互いの姿が見えるように目隠し無しで並べていました。

すると、日光浴を終えてそれぞれの一戸建てに戻り、ウサンバラコノハカメレオンの住宅街とヒゲコノハカメレオンの住宅街を分けると、エレンとエルフィンが順位を巡って必ず張り合いました。
それはこんな形でした。
エレンが一番高い枝先にいるときはエルフィンが下のほうにいますが、半日~1日くらいするとエルフィンが一番高い枝先にいて、エレンが下のほうにいました。2頭はこの位置関係を繰り返しました。

これはカメレオンにとって大変ストレスのかかる危険な状態です。すぐに気付いてお互いの姿が見えないようにしましたが、もしこの状態の意味を知らずに放置しておけば、立ち上がれきれずにいるエルフィンにとって負担が大きすぎて、取り返しの付かない結果を招いたことと思います。張り合う必要のなくなったエルフィンは、無理せず下の方にいるようになりました(状態の良くないカメレオンは下の方に行く傾向が強いのです)。

疲れていようが環境が激変しようが、ベビーだろうが、やはりカメレオンはカメレオンなのですね。。

どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。