スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 思わず怒りを覚えた不用品回収車のアナウンス


私の住んでいるマンションの面している通りには、週末、よく不用品回収の車が回ってきます。
先々週くらいでしたか、嫌でも耳に入ってくる不用品回収車のアナウンスを何気なく聞いていてガクゼンとしました。

「不用になったテレビ、パソコン、ミシン、オートバイ‥‥ペットなど、いらなくなった

なんでも処分します。どうぞお気軽にお声をおかけください。」

何度も繰り返されるそのアナウンスにだんだん怒りがこみ上げてきましたが、考えてみると以前はペットなんてひどいことは言っていませんでしたから、たぶんその不用品回収

車にペットの処分を頼んだ人がいる
ということなのでしょう

それからというもの、週末になるたびに怒りと悲しみとで、ひととき複雑な気分を味わっています

どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

「ペット」じゃなくて「ベット」でした、って落ちかと思ったんですが・・・。

え~~~っ
ペット???
ビックリって言ってうか・・
有り得ない・・(TT

通りすがりさん、ベッドというオチが
あったら救われたのですが‥。

ちゃさん、ほんと有り得ないと思いました。
生き物の命をなんだと思っているのでしょうね(T.T)

ビックリしてしまいました。

仕事で不用品について検索していたところ、こちらのブログに辿り着きました。

記事を読ませて頂き、ビックリしてしまいました。

不用品回収車にペットの処分を頼んだ人がいるのですね。
そういう方はペットを飼ってはいけないと思います。

共に暮らしたひとつの命を不用品として処分するなどという事は、絶対にあってはならない事です。

そして、そういう事例が過去にあったとはいえ、不用品の回収業者がそのようなコメントを大音量で流しながら住宅街を走り回る事に憤りを隠せません。

私自身、不用品に携わる仕事をしている者として、そのような人を不快な気持ちにさせたり、何よりもひとつの命を軽んじるような事がないよう日々気おつけていきたいと思います。

記事を読ませて頂き、気になってしょうがなくコメントさせて頂きました。

いきなりのコメントと乱文失礼しました。

不用品についてけんさくしていたのですがさん、私も初めて聞いたときは驚きのあまり呆然としました。
命を不用品として処分する人、アナウンス項目にペットを加えた業者‥、怒りと悲しみを感じる現実です。
これは特異な出来事だろうとは思いますが、ぜひ常識とモラルを大切にして、良いお仕事をなさってくださいね。
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。