スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 カメレオン脱走事件

トム


昨夜会社から帰っていつものようにリサとの挨拶を済ませ、カメレオンたちの様子をチェックしていたときのことでした。
どこをどう見てもヒゲコノハカメレオンのトムの姿を見つけることができません。「むむむ、これはもしや‥」と思ってトム邸の外側全体をチェックしていくと‥、なんと、ケージの左奥の屋根の部分が少し上にずれて、ケージの壁に当たる部分との間に隙間が少しできていました
このハムスターケージの屋根は、「カチッと音がするまで差し込む」固定式ではなく、目いっぱい押し下げてはめ込むだけのはめ込み式で、トムのケージの屋根の裏には何の加工もしていなかったので、逆に浮き上がっていって外れやすかったのだと思います。
唯一の扉である天井についている窓の開け閉めを毎日繰り返すうちにいつの間にか天井が緩んできて、おそらく私のいない間にパカッとひとりでにずれたものと思われました。
昨日の朝、食器に入れたごはんにまったく手をつけていなかったところを見ると、事はかなり早い時間に起きたようです。

原因は分かったものの、さて、トムはどこでどうして(なって?)いるのか!?
なにしろ放し飼いのチワワのいる部屋です。
これまでリサはハエトリグモや小さなガなど動く生き物にじゃれついて相手を昇天させてしまったという事実が一番に脳裏をかすめ、ドキッとしました。
しかし幸いなことに、部屋の床の何処にも冷たくなったトムは転がっていませんでした。
まさか‥、リサ、トムを食べたりなんてしていないよね
有り得ないことではないのですが、なんだかそれも違うような気がしました(根拠無し←笑)

だとしたら‥、だとしたら、小さなトムはこの(広い?)部屋のいったい何処にいるというんだ、うわぁ~ん
これは国税局の査察級の徹底調査が必要ではないのか?えらく大変なんじゃ‥。
パニくって手当たり次第探し回っていたら何時間もかかるかもしれない、落ち着け自分!
そこで私は落ち着いて、なんとなく感じていたトムの性格をイメージしてみました(笑)

くまこと違って部屋の中をまだ把握しきれていなかったトム。
リサが気がつくような場所にのこのこ出て行くほど頭は悪くないはず。
意外と慎重というか、気が小さい。

パンサーカメレオンはよくカーテンレールにいたりするし、コノハカメレオンも意外と高いところの先端が好きだけれど、今のトムにそんな勇気は無いであろう。中ほど?いや、たぶん下の方‥。

私のカメレオン飼育はわりと勘が多い。当然ながら勘は当たる時もあれば外れるときや働かないことさえある。
でも今回は、ずれた屋根に気付いてからおそらく5分とかからないうちに、そして探したのは床と合わせても実質2分くらいでトムを見つけることができました。
トムはケージのある小型の本棚の隣のパソコンデスクのリサ避けの内側の床に置いた、100均で購入したミニ観葉鉢を飾るための台にしがみついていました。
特に怪我はしていないようです。

トムをケージに戻し、見栄えは悪くなりますが屋根と壁をガムテープでとめて、脱走事件の幕が下りました。
トムが無事でよかったです
ああ、ほっとした~。



どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

良かった~!!
ですよね、ワンたんって虫とか動くのに反応しちゃうから
ドキッですよね(~_~;)
うちも・・ここだけの話・・みかんがれもん(カメ)を噛んだにょよ(笑
甲羅にキバの穴が~(元気です♪)

性格から居場所を見つけるなんて、さすが☆

見栄えより安全ですよね!

よかった

読んでいてドキドキしました。
見つかったときはほっと胸を撫で下ろしました。
以前リスを飼っていたときに、
いなくなって一時間くらい家中を探して、
やっと見つけたことを思い出しました。
リスの場合、見つけてから取り込むまで一苦労しましたが・・・

すぐに見つかってよかったですね。

ちゃさん、ドッキ~ンでした(苦笑)
れもんたんには思わぬ記念が残ってしまったんですね。
人間ですから、うっかりすることってあると思います。
お互い結果オーライで本当によかったですよね!
そそ、見栄えが非常に悪くなりましたが、安全第一です~。

森の音さん、ありがとうございます。
リスですか~、一緒に暮らしたことはありませんが、連れ戻すのはさぞ大変だったことでしょうね。
気づいたときって焦りますよね~。

見つかって良かったですね。
こりゃ他人事じゃないので気をつけるようにしますw

ありがとうございます。
Toshiさんの立派な爬虫類用ケージなら、
脱走しようがなさそうですよ~(笑)
あ、コメントは同じブログを持っていないと
書けないようでしたので、ROMさせていただいて
おります<(_ _)>

あ、そうなんですかi-201
ブログというからには、何処からでもコメント出来るモンだとばかり思ってました(^^;

あのゲージは、あの類の中じゃ安い方なんですよ。
だから“ごはん”がよく逃げますi-183

Re: タイトルなし

記事にコメントしようとしたら、なんかそういう
表示が現れて書き込みできませんでしたi-229

そうなんですか~、ごはんが逃げると変なところで
見つかったりして、びっくりすることがありますね。
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。