スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 産卵床に手を加えてみる

トム

実夏の写真撮影を控えているので、旦那さんの写真など(笑)


もうとっくに産卵していいはずなのに時間だけが過ぎていきます

昨夜、ヒゲコノハカメレオンの実夏は珍しくよく見える場所にいました。
そして今朝も。
慎重派というか、いつも身を隠して目立たないように努めまくっている実夏が、私が覗き込んだり世話をする時間帯に目立つ場所にいる‥。
「出よう出ようとしてはいないものの、これはおそらく実夏がこの産卵床をイマイチ気に入らないでいるのではないか?」
そんな気がして(またも勘←)、実夏を移してちょっと産卵床の土の具合を確かめてみました。土の表面が腐葉土でふっかふかです。土質が気に入らない場合、飼育者に飼育個体の土の好みまでは分かりませんから、お気に召していただけるまで試行錯誤を繰り返すことになります。で、この場合はもしかしてふかふかすぎるのかなと思い、くまこの産卵のときに購入して使わないままだった黒土を混ぜ込んでみました。
今朝は変化した環境にまだ警戒しているようでした。。
もし気に入ったとしても、実夏は警戒してすぐに産卵することはないような気がしますが、とりあえずこれで実夏のOKが出ますように!



どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

どんな土がいいんでしょうね。
私も黒土入れてみたんですけど、まだお腹ポッコリのままですw

そうですね~。
私も困っています。
心配ですよね。
パンサーのときは赤玉+バーミキュライト+黒土ですべてOKだったのですが‥。
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。