スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月のしずく

IMG_0033.jpg


まだ10月の初めだというのに晴れ渡った青空と相反するように、心も凍えよとばかりに寒風が吹き付ける1日だったせいでしょうか、ふだんはあまり聞かないのですが、久しぶりに音楽を聞きたくなりました。
私は音楽を聞くとき、CDを最初から最後まで全部聞くことはありません。その中の好きな歌だけをプログラムして何回か聞きます。CDの中に好きな歌が1曲しかない場合、その歌を何回か繰り返して聴いたりします。
私の好きな曲の80%くらいは悲しい歌です。

今日聞きたかったのはRUI(柴崎コウ)の「月のしずく」という歌です。リサがうちにきてからCDを聞いたことは何回ありますが、この歌は初めてです。
リサと遊び始めてから、どうしてもこの歌を聴きたくなった私は途中で「ちょっと待っててね」と言って3回この歌だけをプログラムしました。本来は大きなヘッドホンで集中して聴くのが好きですがそうもいかないので、小さな音にしました。

私はリサと再び遊びに戻り、それから静かにメロディーが流れ始めました。
すると、ハイになりかかっていたリサが突然遊ぶのをやめ、聞き耳を立て始めました。そしてベッドの下に潜ってそこから私の顔をじっと見たのです。
嫌そうというより、なんだか不思議そうでした。
この歌のエキゾチックな演奏に驚いたのでしょうか。こんな反応は初めてだったので、私もちょっとびっくりでした。
ちなみにこの歌は草薙剛主演の「黄泉がえり」という映画の主題歌です。

言ノ葉は  月のしずくの恋文しらべ
悲しみは  泡沫うたかたの夢幻

匂艶はにじいろ   愛をささやく吐息
戦 災う声は  蝉時雨の風

時間の果てで  冷めゆく愛の温度ぬくもり 
過ぎし儚き  思い出を照らしてゆく

「逢いたい‥」と思う気持ちは、
そっと 今、 願いになる
哀しみを月のしずくが 
今日もまた濡らしてゆく

下弦の月が  浮かぶ
鏡のような水面

世に咲き誇った 万葉の花は移りにけりな
哀しみで人の心を 染めゆく

「悲しい‥」と詠む言ノ葉は
そっと  今、  あまつ彼方
悲しみを月のしずくが 今日もまた濡らしてゆく

「逢いたい‥」と思う気持ちは
そっと  今、  願いになる

哀しみを月のしずくが 今日もまた塗らしてゆく

下弦の月が 謡う
永遠に続く愛を‥


クリックしていただけると励みになります♪

にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : 大好きチワワン
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

「黄泉がえり」私もテレビで見ましたよ。
すごく神秘的な映画だったなって思ってます。

私も×1です。もう私は20年以上たっているので何も感じませんけどね(笑)
ワンコって不思議な力があるっていうから
リサちゃんもきっと何か感じるものがあったんじゃないんでしょうか。

黄泉がえり、映画館で観ました。
この曲、とても好きです。ちょっと物悲しいけど、心に残る曲ですよね。
犬って、表情がくるくる変わって、それをストレートに表現するから時々ハッとさせられますよねー。

最近物悲しい曲というか、いきものがかりの「帰りたくなったよ」がしんみりしました。
彼らの他の曲も結構好きです。

最近はオペラ曲を聴いてます。そのせいか、ワン達も静かに眠ってくれます。ピーも甘えようとせずに、その代わり足元で寝ています(笑)

音楽を聴いたときの反応は
色々なのですね^^
我が家は試したことないのでわかりませんが・・・
リサちゃんは何かを感じ取ったのでしょうか。
聴きなれない曲で不思議だったのでしょうか?思いは尽きませんね。わんこって
共感してくれてることもあるので
Junさんの気持ちの何かを感じ取ってるの
かもしれないですよ~!

最後まで読んでいただいたのに、すぐに後半部分を削除してしまってすみません<(_ _)>
もりこさんもバツイチだったのですか~。私もあの映画をはじめて見たときの不思議な気持ちが蘇る程度で、あとはなんともないのですが、不思議感があまりに強く残っているので、リサにも感覚が伝わったのかもしれないですね。

もりーさん、本当にいい曲ですよね~(^^)
犬は本当にストレートですね。いろいろ予想外のリアクションもあって、考えさせられますよね~。

あっこさん、いきものがかり、知りませんでした(^^;;
オペラはよく動物に聞かせたりするそうですよね。ぴあのちゃんが甘えないなんて、もしかして、すごい効果では!

お母飯、まだリサは私の感情を察することがあまりできないようですが、初めてこの曲を聞いたときの印象が蘇ったので、何か感じ取ったのかもしれません。
たまたま私の人生の一つの分岐点の前夜にこの映画をテレビで見たんですよ~。お母飯、すごいです!
sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。