スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽちおとお別れ

ぽちお


夕べ、頭の上部にどんどん白い部分が広がっていったぽちお。
今朝はもう確実に死に向かっており、今しがた、息を引き取りました。
うちに迎えてからの1年と3ヶ月と1日、ずっとぽちおの心配ばかりしてきたので、心の中にぽっかり穴が空きそうな気分です。
自己満足に過ぎませんが、もう少し、ぽちおを手の中に乗せておこうと思います。
なんだか頭が真っ白で、心が大きな感情のうねりを拒否しているみたいです。

ぽっちゃん、今までありがとうね。
長生きさせてあげられなくて、ごめんなさい。

私の手の中の、ぽちおらしい茫洋とした顔を見ていると、逃避かもしれませんが、「ぽちおはうちに来てからおなかがおかしくて辛い思いをしていることが多かったけれど、今はとっても楽になって、もうどこも辛くないんだね。」という気がしてきます。

ちょっと疲れました‥。

どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ぽちおたん(泣)
大変な時もあったけど、Junたんと一緒によく頑張ったね。
今は体の辛さも消えたし、これからもJunたんと一緒は変わらないよね。
Junたん、これからも皆そばに居るよ☆彡

残念です…

ぽちおくん、安らかに…

Junさん、気を落とさないでね

ぽちおくんは幸せだったと私も思います

今までいろいろと大変でしたね
でも、ぽちおくんを育てる事で得た知識や経験は
他の子たちのためにこれからもきっと役立つでしょうね
元気出して下さいね

大変でしたね。。
実はかなり厳しそうだな、ってわかっていながら
介護して毎日見守ったのは、本当にご苦労だったと思います。
ぽちおくんもよくがんばった。。

ぽちおくん、痩せちゃったけど
体色や皮膚のかんじはきれいな子だったと私は思います。
それはある程度の環境があったからとも言えるわけで。

不自然なところに連れてきてしまっている以上、
これでよし、というものはないのが切ないですが
残りの子たちのお世話、
お互い、がんばりましょう。。

私だったらなにもしたくなくなっちゃうところを
ブログ読者にすぐ報告していただいて。。
律儀なJunさん。。
休めるときに自分を休んで、
コメント返しとか、気にしないで下さいね。
(うちのブログは返事しないで不義理すぎるんだけど…)

Re: タイトルなし

鍵コメさん、ありがとうございます。
本当に、みんなのためなら自分の限界を越えて、
200%だってがんばれるのにね‥。

「一生に一度でいいから奇跡が起きて!」と
何度願ったことか。

鍵コメさんも心配で辛いと思いますが、
がんばってくださいね。

ちゃさん、ぽちおが、ぽちおが今回は
本当に亡くなってしまいました~e-259
ぽちお邸を見ても、一瞬は主がいないという実感が
ない感じで、後から「ああ、ぽちおはもういないんだなぁ」と
思います。
ぽちおの良かったところをたくさん心のなかに
しまっておこうと思います。

ボンさん、ありがとうございます。

ぽちおのいたはらはらの生活。
ぽちおのいない静かな生活。

少しずつ、気分を立て直したいと思います。

ultronさん、ありがとうございます。
くまこにはぽちおの分も元気で
長生きできるように、大切に
気を配っていきたいと思います。

コペの飼い主さん、ありがとうございます。
コペの飼い主さんの観察眼、そしてそこからの
考察、野生の生き物を飼うということについての
考え方、とても深いと思います。
コペ君は人に飼われる運命でも、それが
コペの飼い主さんで幸せだと思います。

これからもお互いがんばって
小さな尊い命を大切に
していきましょうね。

そうですね。
野生の生き物を飼うって事は、人間のエゴ以外の何物でも無いでしょうけど、一旦店頭に並んでしまったからには、誰かが面倒みなければ不幸な結末しか無い… 少しだけペット業界に身を置いていたので、つくづくそう思います。
私が毎週のようにヤモリ達のエサを仕入れに行く店には、いつもコノハが並んでます。でも店の人に聞く度に、「今回の子達はダメだった」の繰り返し。「だったら仕入れるなよ!!」って言いたいけど…

Junさんのところへ来て、Junさんとこの子達やコペちゃんのように長生きしているコノハを初めて知りました。Junさんにとっては、1年3ヶ月は短いのかもしれないけど、現状の他のコノハ達からすれば驚くほど長いって思いますし、ぽちおくんだってJunさんに選ばれてよかったって思ってるに違いありません。

これからもここで勉強させてもらって、私もいつの日か再びコノハを迎入れられるようになりたいと思います。

toshさん、ペット業界にいらしたことが
あるのですか~。買う側には分からない事情も
きっといろいろあるのでしょうね。
確かに誰も買い手がつかなかった場合を思うと、
ショップによっては非常に悲惨だろうという所がありますね。
昔よく行ったショップのコノハもたぶん
そんな感じだったと思います。

私もまだまだ努力が足りなくて、トムを早死にさせて
しまいました。
ただ、コノハについては状態の良い個体と本人の
持って生まれた生命力、飼育者の努力、どれが
欠けても難しいという印象が強いです。

Toshさんのウパやお魚、いろいろな生き物に
対する観察眼と鋭い考察を拝見していると、
きっとToshさんの飼育はちゃんとできていると
思います。ただ、カメレオンによくある「一見
問題なさそうな個体だけれど、迎え入れて
しばらくすると‥」カメレオン本人の弱っている
所を見せない習性も限界に達してしまう、
そんな出会いだったのではないかと思います。
いやな言葉ですが、「当たり外れ」が存在し、
外れ個体をすべて立て直せる人はいないのでは
ないかと思います。

ブログを拝見していて、Toshさんに飼われるコノハは
幸せだと私は信じて疑いません。
次のコノハとの出会いが良い個体であることを
願っていますね。


sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。