スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 くまこの様子がおかしいです‥

ヒゲコノハカメレオンのくまこ


昨日の朝、くまこ邸の最低温度がいつもより1度下がりました。
これからはどんどん外気温も下がっていって、ある日、夜中に予想外の低温になってしまう可能性もあるので、すぐにペットヒーターとサーモを昨年と同じ温度設定でくまこ邸にセットしました。ヒーターが稼動しても問題ないように、湿度もやや上げました。

昨夜、帰宅するとくまこは低い所にある傾斜した枝の部分にいました。
枝の高くなっていく側にお尻を向け、低くなっていく側に頭を向け、両腕を伸ばし気味にして顎も上げ気味で、ちょっと上向くような姿勢でした。

私はくまこのその姿を見て、なんだか少し不安な気分になりました。
が、くまこの外見と色はいつもと変わらず、目も張っていたので、考えすぎかもしれないと自分に言い聞かせ、その不安を打ち消しました。しかし、くまこは寝る時間までその姿勢のままでした。

さらに、今朝起きてみると、くまこはまだその姿勢のままでした。私がごはんを入れた食器を側に置いたときに少し姿勢を変えましたが、しばらくして見てみると、またもとの姿勢に戻っていました。
帰宅してからもその姿勢で、ごはんに手をつけていませんでした。

相変わらず色も外見もいつもどおりなのですが、これは明らかにおかしいことです。
でも、「姿勢が変です」と獣医さんに言っても、これでは獣医さんも「引き続き様子を見て、何か異常があったらすぐに連絡してください」としか言いようがないと思います。

念のためにと頼み込んで抗生剤をもらうことはできるかもしれませんが、抗生剤は適合する菌にしか効きません。今までのカメレオン飼育の経験では、抗生剤を飲むと明らかに苦しむ個体が複数いました。そもそも菌が原因かどうかさえ分からないのに見込みで抗生剤を使ってもまったく効果が無いばかりか、そのためにかえって弱らせてしまう可能性があります。

素人推測ですが、くまこの姿勢とカメレオンの舌の構造を考えると、息は荒くないので息が苦しいというよりは、内臓が肥大しているなどの理由で舌の筋肉が少し押されるなどの感じがあって、ずっと上を向いて上半身を伸ばし気味にしているという可能性は十分考えられると思います。女の子は子宮の異常も考えられますが、位置的には下腹部なので、その位置から他の内臓を押し上げて上を向かなければならないとしたら、おなかがパンパンになっていそうですが、そこまでの異常な張りは確認できません。

病院のHP等を見てみると、爬虫類の内臓が肥大したり、子宮に異常が起きても、大方の場合は死後の解剖によって確認されたことです。解剖で異常が確認されても、その原因が不明の場合も多いですよね‥。

臓器の異常が血液から分かる場合もありますが、小さなコノハカメレオンから採血?
無理そうだし、もしできたとしても、下手すると採血で大怪我とかショック死しそうです‥。

私に今できることは何か?
くまこの回復を祈りつつ、環境設定に大きな変化が起きないように注意して、なるべくよく様子を見ることしかないと思います。
今までの経験が私に囁きます。見通しは暗いと‥。
どうかその見通しだけは、私が大げさすぎだっただけの間違いであってほしいです

どんなちいさなことでも何か感じていただけましたら、ぜひクリックしていただけると非常に励みになります♪

にほんブログ村 その他ペットブログへ    blogram投票ボタン
スポンサーサイト

テーマ : 爬虫類
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

くまこちゃん、本当に心配です。
前回のブログで元気そうだなぁと安心したところだったんですが。

どうにかまた元気になって欲しい!!
またお気に入りのお部屋からお外をご機嫌で眺める
くまこちゃんの姿が見たいです。

こんばんは
やだやだ!
くまちょふどうしたの~~(涙)
ほんと前回の記事までご機嫌さんだったのに…
急に寒さが本格化したし変な天候も関係してるのでしょうか
くまちょふ早くいつもの元気さをとりもどしてね!
ご飯も完食できるようになってーー!

plumrinkoさん、カメレオンは弱みを見せないようにする気質なようで、たまに「急変→ご臨終」という話を聞きます。
くまこはまだそこまでではないようなので、なんとかじんわり回復してほしいと願っています。

ミツルリのお母飯さん、私もくまこの突然の変化に青ざめましたが、今は小康状態(?)です。
くまこは今までは気圧変動を乗り越えて平気でいましたが、体調が悪くなると気圧の影響でダメージを受けるようにはなると思います。
なんとか回復してくれるよう、くまこをサポートしていくつもりです。
sidetitleプロフィールsidetitle

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。