スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子犬に人の言葉のニュアンスは通じる

駆けてくるところ


リサは私が身動きすると寝ていても飛び起きて駆け寄ってくるので、ピントの合った写真がなかなか撮れません。リサの顔と同じ高さにカメラを構えたいのですが、これもじゃれついてくるので無理。の写真を撮るのって、難しいものなんですね~

さて、現在は既に生後3ヶ月になっているリサですが、後でしつけなどで困ったときにこのブログを自分で読み返して彼女の性格を把握し直したり、何かヒントになることがあればと思い、彼女が私の家族になってからのことをなるべく順を追って書いています。
そんなわけで、今日もまだリサがうちにきてから2日目に感じて3日目に確信したことです

私が住んでいるのは表通りに面したマンションなので、外からけっこういろいろな音が響いてきます。夜中でもすぐ側のコンビニの傍らで話す若い人たちの声がうるさかったりします。
リサがうちに来た最初の日は興奮気味だったせいか、外の音を気にする様子はあまりありませんでした。しかし2日目からは部屋の内外の音に対して敏感に反応するようになりました。
私の膝でウトウトしているとき、外をトラックが通りました。すると彼女はパッと顔を上げ、じっと窓のほうを見ながらトラックの通る音に耳を澄ましました。
「怖がらないでほしい。」
そう思った私は思わず一言だけ「大丈夫よ」と声をかけました。そのとたん、リサはまだ音が大きく響いて振動も感じているのに、すぐに頭を私の膝に乗せて目を閉じたのです。
その後も人の話し声、不用品回収車のアナウンス、ヘリコプター、夜遅くになると響きが気になってくる踏み切りの音、そしてトドメに道を挟んだ斜め向かいのマンションの1階の潰れた店舗の取り壊しの轟音まで私の部屋に響き渡り、彼女はそのたびに窓の方に注意を集中しましたが、すべて私の「大丈夫よ」の一言で即座に警戒解除となりました。
不意に同士のガウガウという声が響いたときには「大丈夫?」という顔で私の目を見つめてきましたが、やはり私の一言でまた力を抜いて眠りの続きに戻りました。
こんなに小さいのに、リサには私の言葉のニュアンスがちゃんと理解できているんですね。

リサを迎えて3日目、初めての子犬に神経を使いすぎて疲れた私はヘアピンを床に落としてしまいました。小さなヘアピンでしたが予想外に大きな音がして、リサはびっくりしてしまいました。
そのとき私はどうしたか?
もちろん人に言う時とまったく同じように「ゴメン、うっかりして落としちゃった」と言いました(笑)
そのときもリサは一瞬にして平常に戻りました。

その後、やはり疲れによる不注意で、十数年ぶりくらいにガラスのコップを床に落として割ってしまいました
このときはかなり大きな音がしましたが、やはり「ごめ~ん、またうっかりしちゃった」で済みました(苦笑)
もちろん、割れたガラスはすぐにきれいに片付けました。

また、その頃から現在までの間に何回か、物を持って部屋を移動するときに足元がよく見えず、リサに足がぶつかってしまったり、歩く足でリサを挟んでしまったことがありました。部屋の中を勢いよく歩くのはリサと遊ぶときくらいなので、いずれもたいしたことはなかったのですが、リサはびっくりして小さな声を出しました。そのときも「ごめん、見えなかった~、大丈夫?ごめんね。」で納得してもらえました(笑)
なぜ納得してもらえたと分かったかって?
爪を切るとき、1本ずつ間をおいて何気ないフリをして切っていったのですが、こちらはわざとやっているのだとバレてしまい、そのたびに甘噛みに力がこもったからです
間違えてしてしまったことに対しては仕返しされませんでした。

「嫌なことをされたら嫌がることをやり返す」
さすが小さいのに気が強いと言われる種。
チワワ恐るべし

少し本題からずれてしまいましたね。
以上の経験から感じたこと。
名詞が入るような言葉や文節が入るような長い言葉はまだ理解不能ですが、単純明快な状況下での簡潔な意味を持つ言葉のニュアンスなら、YES/NO以外でも生後60日と少しの子犬にもちゃんと伝わるということ。

を飼っている方なら、「な~んだ、そんなことあたり前でしょ。」と思われるでしょうが、実際に体験してみて子犬の賢さにちょっと感動してしまった親バカ飼い主なのでした。



クリックしていただけると嬉しいです♪

にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

テーマ : わんことの生活
ジャンル : ペット

コメントの投稿

非公開コメント

sidetitleプロフィールsidetitle

Jun

Author:Jun

ボンさん作リサとくまこ

このイラストは、ボンさん
描いてくださいました


 Jun : リサの飼い主
 東京の片隅でひっそりと
 一人と一匹の暮らし…の
 つもりが、リサの明るさ
 につられて低いテンション
 も家では上がりがち。
 ささやかながらも楽しい
 暮らしに。

 リサ : 2008年4月13日
 生まれロングコートの
 ブラックタン

コノハカメレオンたちと暮らした日々の大切な思い出を保存してあります。

sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleFC2カウンターsidetitle
sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleQRコードsidetitle
QR
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。